妻が浮気!?妻が不倫!?

一昔前は「浮気は男性がするイメージ」がありましたが、SNSの普及もあり、ここ最近は「妻の不倫」のお話を割と多く伺います。
2017-06-07_092435

実際に女性からの自身の不倫のお話を伺っていると、「夫に不満を持っている」方が大半でした。

一番多くうかがう声は、「自分のことを理解してくれていない」
「私も気持ちをわかってくれようともしない」
「家事などしてもらって当たり前で、感謝がない」
「女性としてみてくれない、扱ってくれない」

というものがとても多いです。

でもこれ、実は男性が不倫に走る言い分ととても重なっています。

僕の頑張りを認めてくれない
僕の寂しさをわかってくれない
セックスしてくれない
こんなに頑張っているのに感謝の気持ちもないだけでなく、いつも否定しかしない。

私が今まで聞いた声の中で、「妻が女らしくなくなったから」というのは、実はほとんど聞いたことはありません。確かにセックスを拒否されたという声はありますが、断然、「自分のことを否定した、認めてくれない、わかってくれない」といった心の部分での理由から浮気に走る方がほとんどだなぁ~と、今更ながら文字にしてみて感じます。

男性は感情を感じることをとても苦手としていることが多く、実際に携帯などで妻の不倫の事実を知っても、悲しい感情や惨めな気持ちを無意識に抑圧しようとします。

抑圧すると一時的には感じなくて済む場合がありますが、消えることはなく、何度も何度もこころの中にその感情は蘇ってきます。

さらに女性と違って男性は人に相談することを避ける傾向が強いため、感情を解放することがなかなかできず、悶々とした期間が長く続く傾向にあります。

一昔前は妻の浮気が発覚したとたん「離婚だ~!」と妻を追い出すケースが多かったように思いますが、今では「どうしたら夫婦関係を再構築できるのか?」といったご相談をしてくださる男性が随分と増えた印象があります。

昔の昭和の頑固おやじキャラは減り、仕事もプライベートも大事にする生き方に変わってきたからかな、、と個人的には思っています。

では、妻の浮気がわかった場合、男性は何をしたらいいのでしょうか?

男女ともにパートナーの浮気は、「自分の人格を否定された」という衝撃を受けます。
なので、まずはこの心の傷を癒していくことはとても大事なのですが、どうしても男性は
「プロセスよりも結果重視」なため、どうしても傷の手当よりも、「どうしたら妻は戻ってくるのか?」を知りたがるので、まずはそこから。

先ほども書きましたが、妻が浮気する相手に求めることは

自分を女性として扱ってくれること

がかなり多く、次には
私の悲しさ、寂しさをわかってくれたという安心感を求める傾向が強いです。

なので、この部分を夫が満たしてあげることが何よりも大切。

あなたは妻をどう呼んでいますか?

ママ?
かあさん?
それとも名前で?

まさか「おいっ!」なんて人は、、、いませんよね?

今更妻を女性として見る?無理だな~

などと思ていたら、どれだけ妻は傷ついているか、、わかりますか?
いくつになっても女性は「プリンセス」に憧れるんですよ。

その昔、「ヨン様」に会うために「冬のソナタ」の時間にテレビの前に座っていた義母の姿を今でも
思い出します。リビングで私たちの声がうるさかったらもう「しっ!静かにしてっ!」と怒られたものです。(笑)

いくつになっても女性は恋をする状況に憧れるんですよ。
妻が旦那様にもう一度恋ができる男性として、是非生まれ変わる機会にしていただけたら、と思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる