夫婦再構築に頑張るあなたへ【アメブロ「大人の恋愛術」より】

夫ともう一度やり直したい
妻ともう一度向き合いたい

私は夫婦再構築できたからなのか、
夫婦関係をもう一度再生させたい!と思う方のカウンセリングを
毎日毎日伺っています。

今日はそんな方に送りたいメッセージ。

1238124039578[1]

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

夫はただいま浮気中みたい。
なんだか夜遅くなる日もずいぶん増えた。

この前は朝帰りだった。

決定的な証拠が見つかっているわけじゃないけれど、
でも女のカンで間違いなく、黒、だと思う。

心理学サイトに書いてあった。

とにかく責めちゃいけない。
沢山ありがとうって言うといい。
「すごいね」ってほめないといけない。

なんとか浮気相手から取り返したいから、

私は頑張っているけれど、
いつまでこれを続けなきゃならないのか、、。
これをすれば100%夫を取り戻せる保証があるのか・・。

それがわからないから、突然涙が出てくることがある。
「もう無駄な努力なんじゃないか」って心が折れそうになる。

子供の前で不安な顔はできないから、
無理して明るくふるまうママを演じてるけれど、
私、いつまでやれるだろう。

自信ないよ、、。

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

私が夫婦関係を修復した経験があるからか、
こういった「修復を頑張るクライアント様」とお話しする

機会が本当に多いです。

本当に子育てのように

「3か月たったら首が座る」
「1歳になったら歩けるようになる」
「4歳になったら幼稚園に行くようになるから、自由な時間が

持てるようになる」

と、いついつまで持ちこたえれば、どんどん楽になる、、、
と目安がわかれば頑張れるのですよね。

本当にその真っ最中は、真っ暗なトンネルからいつ

抜け出せるのか?
本当に不安なことと思います。

こういった「夫婦関係再構築」のお話は、長い時間を

要することもあり、
モチベーションを保ち続けることが本当に大事です。

でも、本当に毎日気持ちはアップダウンするし、
しんどい気持ちも感じてしまうのが現実ではないでしょうか。

先が見えないからこそ、本当に苦しいですよね。
私も経験があるから、本当にわかりますよ。

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

夫を何とか取り戻したい。
もう一度お互い、大切に思える関係に戻りたい。

最初はそんなお気持ちでカウンセリングにやってくることが、
こういった浮気の問題では多いです。

でもこの部分だけを目的にしてしまうと、
変化がすぐに見えない分だけ苦しくなってきます。

多くの方にとって、夫婦問題に取り組むということは
平穏な日々の時にはほとんどありません。

健康な時には、「健康のありがたみ」がわからないのと

同じように。

「どうして私ばっかり大変なのよ!
ホント、腹立つ!」

「子供が大きくなったら離婚よ、り、こ、ん!」

「あ~、もう全然相手には魅力を感じない。
本当にこいつは使えない奴だ!」

などと不満ばかりが溜まって、
相手がどんな気持ちなのか、
どう愛してほしいのか、

残念ながら問題が発覚する前には

考えもしないかもしれません。

ニンゲンは「感謝」よりも「不満」を感じやすものですから。

だからこそ、こんな一大事が起こるまでは
「男性心理とは?」
「女性が抱く不満とは?」
などと考えないもの。

日々の雑用や仕事で、手一杯ですから、、、ね?

もっと言うなら、大切にされたい!
もっと気にかけてよ!
という気持ちばかりが先行し、

どうやって愛してあげようか?
なんて考えには、なかなか及ばないもの。

だからこそ、浮気問題などでこういった

「パートナーを褒める大切さ」
「感謝の大切さ」

から、
「自分で自分のご機嫌をとる大切さ」
「自分を大切にするっていったい何?」

ということまで向き合うことは
これまでなかったはずなのでは?と思うのです。

チャコモリフクロウ    チャコモリフクロウ

最悪な状況から修復できてもできなくても
パートナーシップ力は格段に上がって行く方が本当に多いです。

だからこそ、修復に成功した人は、
ものすごい強固な関係を作ることができます。

相手を心から思いやれる人に生まれ変わっているから。

けれどももしも関係を修復できず、
離婚となってしまっても、
パートナーシップの達人になっている方が
私のクライアント様では本当に多いです。

または、とことん「自分を大切にすること」
に同時に向き合う羽目になっているので、
離婚したとしても、自分自身が楽しめる生き方

をしている方も多くいらっしゃいます。

それは
「パートナーが戻ってきたら幸せ」
という考え方から
「私は私を幸せにする責任がある」
と思える自分軸をどう育てるか、にかかっています。

本当にこんな機会がない限り、
「私は私を幸せにする責任がある」
なんて考え、なかなかしないのではないでしょうか。

私自身、
「あなたのせいで、私はこんなに我慢ばっかりの人生なのよ!
なんとか私の機嫌をとりなさいよっ!」
という被害者意識満載でした。

この被害者意識をひっくり返すには、
やはり「夫婦の危機」程の一大事がなければ
できなかったかもしれません。

今一生懸命取り組んでいる

「パートナーをどうほめてあげるか」
「どう感謝を伝えていくか」
「自分を大切にしてあげること」

は、あなた自身のためになりますからね。

もしも万が一、今のパートナーとお別れすることがあった

としても、あなたの人生はその先も続いていきます。

だから、無駄にはなりませんよ。

いつかきっと生かされる時がやってきますからね。
あなたの心に、平和な気持ちが1日も早く戻ってきますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる