22回目の結婚記念日を迎えて、夫婦関係再構築で大事なことはやっぱりコレだと思う。

今日ダーリンと2人、結婚記念日をお祝いしながら、
「山あり谷ありの22年間だったのぉ~」と2人で振り返っていました。

お店でこんなデザートプレートまで用意してもらっちゃいました!
DSC_0276 

今から7年前にはこのような日を迎えられるなんて、
全く思っていませんでしたねぇ・・。

あの頃は、私、夫のことを信用できなくなっていましたし、
あの7年前より以前は、

子育てが本当に本当に大変で、
なのにその大変さをわかってもらえていないと感じていて、
いつか子供が大きくなったら、もう離婚してやる!

っとずっと怒りを抱えていました。

もっと言うなら、結婚して香港に駐在中の夫のもとに行くために、
大好きだった仕事を辞める決断をしたのですが、
キャリアを泣く泣く放棄した悲しい気持ちを、理解してもらえてるとは到底思えず、
逆にどんどん出世していく夫に恨めしさを感じている自分も嫌で、
みじめで、

結婚ってつらいな・・・

そんな想いをずっとずっと抱えていました。

私に転機がやってきたのは、7年前。
偶然パソコンに残っていた夫のメール文を見てしまい、
そこから離婚問題にまで発展していきました。

そこで、再構築のキッカケになったのは、
当時長男の中学受験で日本に一時的に戻っていた私が、
駐在地に残る夫に送信した1通のメールがきっかけでした。

そこで伝えたのは、

あなたを好きだという気持ちと、疑って許せないという気持ちの板挟みで、
もう限界が来ていること。
何度も何度も読んでしまったメールの文章が一字一句、突然フラッシュバックして
過呼吸になってしまい、自分自身がつらいこと。 
あなたはとても大切な人なのに、責めてしまう自分が嫌でたまらないこと。
このフラッシュバックは、きっと何年も何年も時間がすぎないと、きっと薄れてはいかない
だろうから、その間ずっとあなたを傷つけることに耐えられないこと。

だから、離婚してほしい。

ザックリいうとそのような内容だったメールを
遠く地球の裏側にいる夫に送りました。

実はこの時まで、私はずっと本心を言わない人だったのですよ!

週末ゴルフに行くと言われれば、
「あっそっ!いいご身分だこと・・・。」
なんて嫌味を言う妻でしたし、
帰宅してきたらきたらきたで、ものすごく不機嫌に夕飯のお皿を

「がちゃん!」

とわざと音を立てて、テーブルに置き、
「はぁ~」なんてため息なんかまでついちゃって、

「みりゃ~わかんだろっ!
こちとらイライラしとるんじゃい!」(まさにこの口調がぴったり☆)

といったオーラ満載の悪魔の妻、でした。

今、自分で書いてても「こわっ!」っと思います。(笑)

なので、「悲しいよ~」なんて言い方はせず
「なんで全然育児、手伝ってくれないわけ~???
あんた、なんなのよ~!ぎゃぁぁぁぁぁ~~(泣きながら怒鳴る感じ)」
と、責める、大爆発する、という手段でしか悲しみを伝えられなかったのです。

なぜ?
弱さをだしたら自分がみじめな気分になると思っていたから。
負けたくなかったのですよ、夫に。

今だったらきっと、

「ほよっ?ミエポン、一人で週末も育児かぁ~。しょんぼりだなぁ~。
ご褒美は何かなぁ~?」

なんて甘えて言っちゃうかなぁ?と思います。

再構築で大事なことは

本心をさらけ出すこと、
執着を手放すこと

だと思いました。

特に執着を手放すことは、本当に大事です。
本心をさらけ出したときに、
本当に夫を解放しようと思いました。
そうして、自分も自由になろうと思えたのですよ。

だから「離婚しよう」
と伝えたのです。

BlogPaint
 そんな経緯があって、今日はこんな日を過ごせました。

お店の照明がいきなり落ちて、花火とろうそくが運ばれてきた時は
びっくりしましたよ~!

多くのご夫婦が、
こんな日を迎えられますように。

 
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

直近の面談カウンセリングは以下の時間が予約可能です。
料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。

11月13日(日)    16時   19時
11月16日(水)    10時   
11月18日(金)    16時   19時

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる