自分を幸せにする責任

運のいい人と運が悪い人との違い。
なんだと思いますか?

色々な意見があると思うのですが、
私が思うのは、

「幸せだよなぁ」

と感じることができる時間や日数が多い人が、
運のいい人、かなぁと思っています。

というか、「運がいいととらえる見方ができる人」ではないかと。

今年は私たち家族はものすごく変動が大きな1年で、
アメリカから日本に夏に引っ越し、
次男は突然編入試験を受ける羽目になり、
夫は仕事内容が大きく変わり、
私も仕事環境が大きく変わりました。

日本への人事異動の話を聞いたのは、2月末。
ちょうど日本の受験が終わった直後のこと。

なぜよりによって、このタイミングで日本なんだよっ!?
もう少し前なら、次男を普通の日程で受験させたのに!

編入試験なんて、1人2人しかとらないんだから、無理じゃん!

家の物件も2,3月なら沢山候補があって選びやすいのですが、
夏の引っ越しは日本ではシーズンではないため、
物件自体が出ないことが多いんです。

夏の日本への引っ越しは、色々な意味で最悪なタイミングでした。

で、思ったんです。
「ツイテいないなっ!」
って。

あの時は。

でも結局次男は準備期間超集中1カ月半で、何とか受験を突破し、
夫は新しい仕事分野で、またやりがいを見つけ、
私はまた新しい仕事の分野に出会い、
それに伴って新しい人脈が広がりました。

そりゃー、思えますよ。

アメリカで一生懸命築いてきた人脈も、
慣れるために努力してきたことも、一気に無駄な努力に感じてしまったし。
もっとアメリカにいられたら、次男の英語力はもっとついただろうし。
やっぱり国語力弱くて、中間試験、8点でしたからっ!
あ、10点満点ではなく、100点満点で・・。
日本では一気に「できない、のび太くん」ですよーっ!
夫もあちこち出張で、やりがいがあっただろうし。
私も大自然の中で、のーーんびりありがたくも本当に緩みっぱなし
の2年間でした。

「なんてツイテないんだっ!」

って思えるんですよ、ツイテない方を見れば。

でも、それじゃあ自分が残念。
一生懸命生きているんだし。
頑張っているの、自分が一番理解してあげたいし。

私たちは生まれてきたときに
「自分を幸せにしてあげる責任」
があると思うんですよ。

身体を神様からお預かりして、生まれてきた、みたいな感覚。

そのことを意識するようになってから、

「みえぽん、いやいや、本当に今日はお疲れだたよねぇ」
「お?マジで今落ち込んでる?
そりゃぁ、落ち込みたくもなるわなぁ、そんなこと言われちゃったらさぁ!」

なんて、自分に声をかけることもしょっちゅう。
もう一人の自分に声をかける感覚です。

2015-12-22_122308

明日から南の島に、1週間ほどみえぽんを休ませに連れていくことにしました。
ブログ更新のペースが遅れるかもですが、
今年もよく働いてくれた身体なので、休ませようかなと。

やっぱり幸せにしてあげたいですから、自分のこと。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる