旦那様が男だって知ってる?あなたが女性だって自覚してる?

旦那様を「お父さん」、妻を「お母さん」と呼ぶ人はいませんか?
こう呼び合う家では、結構セックスレスになっちゃっているカップルが多いです。

お互い、一人の男性、一人の女性として見ない状況になりがち。

こういう時、女性も男性化していること、多々あります。
男性がまるで同じ家族に2人いて、お互いが競争相手になっている状況。

いつも旦那様を攻撃的な口調で責め立てることが多かったり。
「こんなこともできないの?」と馬鹿にした口調で言ったり、
「ちょっと、邪魔っ!」
「触らないでよ!」
と嫌悪感満載で言ってしまったり。

これ、多くは妻が「私の大変さをわかってくれない!」と絶望感を感じた過去の経験から
心のシャッターを閉めてしまったことが原因であることも多いです。

あなたはこんなに傷ついて心のシャッター、閉めたのでは?

旦那様が「今日は女性と出かける?」とピンとくる。
それは明らかに身なりを気にしているから。
本当にわかりやすい!

とおっしゃる妻たち、多いんですよー。

妻と出かけるときはテキトーなフリースなのに、
誰かと出かける時にはもっとおしゃれな服。

私は女性に見られていない!?
とショックに思う瞬間ですよね。

でも、日本のオトーサンたちは、妻とお出かけって意識がないのかもしれません。
2015-12-10_083121
以前、私が夫と待ち合わせをして飲みに行こうとしていた日、
夫が同僚のお誘いを
「今日は妻と飲みに行くんで、また今度お願いします」
とお断りしたら

「え~~?沼田さん、奥さんと飲みに行くんですかぁ?」
 
と驚かれたそうで、その反応に夫が驚いたそう。
普通行かないのか!?って。 (゚ロ゚;)エェッ!?

旦那様は妻を女性と見なくなってしまい、
妻は旦那様を男性とは見れなくなってしまう。

でも、浮気など何かしらの問題が起こって初めて、
「わが夫もくたびれたオヤジじゃなく、一人の男性だったのかっ!」
と思い知ったりします。(私がまさにこのパターンでした)

「今更2人で出かけても、会話がない」

という方も、「場の力」を借りてほしいんです。
家の食卓にはない、場のエネルギーが、夜景の見える場所にはあるようですよ(^^♪
今、街はクリスマスのイルミネーションできれいです。

2人が男と女に戻れる時間、あえて作ってみませんか?

「ありえん」
「無理、無理!」(≧ヘ≦) 

そんな思いが沸いて来たら、なぜそう思ってしまうのか。
今の夫婦関係はどうなのか。
自分は彼をどう見ているのか。
彼は私をどう見ているのか。

考えるタイミングがやってきたのかも。
もし良ければ、一緒に考えてみませんか?
ラブラブな関係はあなたの行動力と心がけ次第で手に入りますよ☆

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる