復縁後の不安、どう乗り越える?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

浮気発覚してから、夫婦でとことん話し合い、復縁することにした。
でも修復に向けて歩き始めると、
「また浮気するんじゃないか?」
と不安に襲われることがあります。

隔週金曜にアメブロで執筆中、「大人の恋愛術」。

本日UPの記事です。

 
1238124039578[1]    

   

今回は頂いたメールにお答えさせていただきます。
メールが長文でしたので、字数の都合上途中省略した部分がありますこと、
ご了承ください。

~~~~~~~~~~~~~

お久しぶりです。春にカウンセリングして頂いたすぐ後に、旦那との離婚がなくなった●●です。 
実はあれから徐々に夫婦仲は良くなっていき、8月まではまるで前の浮気がわかる直前までの
ラブラブな二人に戻っていました。
なのですが、、9月に入ってすぐにまた前の離婚直前で苦しくて仕方ない旦那さんに戻って
しまいました。土日、休みはすべてでかけてしまっています。
さらに、朝方にバイクで出かけたり、夜ごはん食べた後に何時間かどこかへ出かけてし
まったり同じ部屋にもいない状態で、離婚直前よりひどいです。 
思いあたるのは、1つ目、旦那さんが昔一番好きでいてくれてたところ
(同じバイト先の先輩でリーダーだった私は、どんなときも明るく、たのしく、前向き、
元気、笑顔でなんでも絶対叶えてみせる!やってみせる!だった)を打ち消すような発言
をしてしまった事。
今のパートでどうしても今日は自分でこなせない仕事があったと言ったら、ものすごーく悲しい
顔をして、昔の私はそんなんじゃなかったのに…と言われました。 
2つ目、浮気と離婚の不安が未だに取れず、というかどんどんひどくなって、思い出して不安
で不安で、不安はどんどんおおきくなり、ケータイ触ってても気になって、旦那さんはきっと
その思いに気づいてたと思います。
しかも旦那さんの会社に入ってきた新しい女の人の話を聞いて、可愛いくて仕事できる人
だったら旦那がその人の事好きになってしまうのでは?とか考えてしまって涙でてしまって、
旦那さんに見られてしまいました。 
この信じてあげれてないのは離婚したいって思った理由だったのに、また信じてあげれてな
かったです。 
3つ目、さらにこんな不安で不安で執着ばかりして落ち込んでたせいで、私の嫌なと
こばかり重なって見せてしまいました。 
旦那の様子を見てるとやっぱり離婚しとけばよかった。
離婚じゃなくなったこと後悔してるんでは?
私の事嫌になったのでは?と思ってしまいます。 
実際、嫌ではないけど、しんどい。
私が悪い訳ではないけど、家におるのしんどくて仕方ないともいわれました。 
旦那の様子が変わった時は、私が、旦那が戻ってきた安心感で変わる事をサボっ
ていたから、旦那はまだまだ魅力的に変われるで!って言ってるんやと思いました。
ダイエットは続けていたけど、離婚のときは経済的にもっと旦那を支えたい。
支えあえる夫婦でいたい。もっといろんな事できるようになりたい!って頑張ってたの
を怠っていました。
さらに旦那を信じる事、自分を愛する事、そこがもっと二人で幸せになるために
必要だとわかっていながら、幸せやからまぁいいか、とまたまた旦那に甘えてたんです。
また旦那の方が楽しませてくれて与えてくれてるな、 
とは思ってたんです。 
でも、せっかく復縁できたのに、また旦那の気持ちを冷めさせてしまって…
苦しそうでまた苦しめてるのは私で…やっぱり別れてあげた方がいいのかな?とか、
浮気離婚話から、復縁たのに気持ちを冷めさせてしまったら、もう無理なのかな?と思って
しまいます。
ラブラブやと思っていたけど、旦那も無理して頑張ってくれてたんやなって気づきました。
気もいっぱいつかってくれてました。 
浮気離婚から復縁して、その後の妻、旦那の心理や、
復縁して上手く行かないときの心理などを教えてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本名でメールをいただきましたので、Mさんとさせていただきますね。
Mさん、ご質問をありがとうございます。
今本当にお辛い状況ですよね。
一緒に考えていきましょうね。
浮気問題や、離婚宣言を受けてしまった後に、
「もう一度やり直そう!」
と修復に向かったとき。
浮気をされた方とした方には、独特の思いがあります。
浮気された方は
「またこいつは浮気するんじゃなかろうか?」
という、疑いの心
浮気した方は
「自分は本当に悪いことをしてしまった。
本当に自分は最低な奴だ。
本当にごめんなさい。
もうきっと許してはくれないだろうな。」
という罪悪感の心
なので、浮気された方は、
「また浮気されるのでは?」
とびくびくした気持ちを常に感じています。
これは完全に信じ切って、また浮気されたら、
もう心がズタボロになって、ノックアウトされてしまい、
自分は立ち直れないことになってしまう。
そうならないように、心を守るためにダメージを最小限にしようと、
常に警戒している、といった心理状態です。
そして、浮気をした方は。
「自分は最低だ。
こんな自分を許してくれるはずがない。」
と罪悪感を感じ、自分を責めます。

 

なので、パートナーが自分のしたことで
苦しんだり、悲しんでいる様子を目の当たりにすると、
自分自身がとても責められていると感じ、
一緒にいることがつらくなります。
「家におるのがしんどい」
と旦那様がおっしゃるのも、この点があるのでは?と思います。
私が日々カウンセリングでも再三お伝えしているのですが、
自己イメージをあげること、
「こんな私ってすごいよね、
えらいよね。」
って思えることなのですが、
この点はとてもとても大事で、夫婦問題などパートナーシップの問題の肝になる
部分です。
Mさんをはじめ、浮気された方はほとんどそうですが、
自分の女性性に自信を失います。
私、きれいじゃないから
太ってるから
優しくないから
若くないから
ずぼらだから
だらしないから

 

だから浮気されたんだ!って、
自分は女として、大きくバッテンを付けられた気持ちになります。
でも、本当はそうじゃない。
浮気をされたから、女性としての魅力がない!っという証明にはなら
ないんですよ。
(でも、つい思っちゃうんですよね(-“-)私がそうでしたから)
Mさんもそう、皆様もそう。
価値は全く変わりません。
正真正銘100点満点なんです。

 

でも、こんな自分はだめなんだ。
だから浮気されちゃうんだ。
そんな思いで、自分を見てしまう限り、
復縁できても、修復しようと道を歩き出しても、
「また相手は浮気するんじゃないか?
こんな駄目な自分じゃ浮気されるに決まってる。」
という不安感を常に常に感じてしまう毎日です。
Mさんは
「旦那様は離婚しとけばよかった!ってきっと思っている!」
と信じちゃっています。

 

そう思われるに、私はふさわしいくらい、
駄目な女だもん。
と、自分で自己評価してしまう。
極端なお話、自分の元で自分の彼女や奥様が幸せそうに、
いつも太陽の様な笑顔でいてくれたら、
男って、それだけで大満足なんです。

 

自分がこの女性を幸せにしてあげられてる!と
満足感が得られますから。
男として、自分の価値を再認識できるから、なのです。

 

なのでこんな女性を絶対に自分のもとに置いておこうとします。
でも、浮気された側としたら、
いつも笑顔でいる、って結構大変なことだと思うのです。
心は傷ついているわけですしね。
それでもなお、笑顔でいられる方法があるとしたら、
それは先ほども言いましたが、自己イメージを高く持つこと、だと思うのです。
わかりやすく言いますと、
「この私とやり直すことができて、あなたはこんなイイ女を逃さなくてすんで、
ラッキーボーイね☆」
と思えるかどうか、という感じ。
いきなり一足飛びに、ここまで自分自身を思うことはなかなかできません。
少しづつ積み上げていくんですけれどね。
自分の素晴らしところ、
魅力のかけらを、
一個づつ集めていって、心の中で育てていく。
そんなイメージを持っていただければ、わかりやすいと思います。
Mさんも、どうか今日から
「変わることをサボっていた」
「旦那様に甘えていた」
と自分を責めるのではなく、
「私、変わろうってカウンセリングを受けてみた。」
「そうして実際、頑張ろうって努力した。」
「私、よくやっていたじゃない。
私、えらかったよね。」
と自分をねぎらって、評価してあげてください。
Mさんの頑張りは初夏のころ、一生懸命だったのではないでしょうか?
もう一度頑張れる!絶対いける!と自信を持たれていたのではありませんか?
それは「事実」です。
そんなMさんともう一度やり直したい、と旦那様が思われたことも「事実」です。
Mさんは以前、バイト先で自信に満ち溢れていた、生き生きとした女性だったことも
「事実」です。
そういう「かけら」を1つづつ集めて、心の中に増やしていってくださいね。
Mさんの中に「不安感」よりも「私は大丈夫」という自己イメージが上回ったとき、
さらに魅力的になったMさんがいらっしゃると思いますよ。
そんな時、「離婚」の選択権は自分にある、とMさんは感じられる程、
成長されていると思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる