カウンセリングって何だか敷居が高い

カウンセリングって何だか別世界だと感じませんか?

お金を払って、自分の心の中を話す。
お金を払うことに、抵抗感があるかもしれませんね。

私は夫婦関係に問題を感じるまで、カウンセリングは精神的に病んでしまった方が受ける、
特別なものだと思っていました。(極端(‘д` ;))

でも、大切な夫ともう一度素敵な関係を作りたかったので、
なけなしのお金を払って、カウンセリングサービスの母体の、神戸メンタルサービスの
グループカウンセリング(ヒーリングワークベーシックというものです)に申し込みました。

カウンセリングって何するんだろう?
どれくらい受ければいいのだろう?

そんなご質問を前回のブログ「夫婦問題を乗り越えた方の共通点」に頂きました。

(前略)
昨夜、スカイプ用のヘッドセットをネットで買いました。

注釈:当時私が海外に住んでいまして、スカイプカウンセリング が主流でした。)
カメラ無しでもOKだと勝手に思い込んでますが、大丈夫でしょうか。
届くのは少し先になりますが、沼田さんのカウンセリングを受けられる準備を整えてゆきますね。
パソコン系のことはよく分からない私ですが、分からないなりに何とかなったり、
またネット上で多くの方が情報が提供してくださっているのも、本当にありがたいです。

(中略)

 今回の内容をノートに写させて頂いていました。
Yさんの沼田さんへの信頼や、沼田さんの愛とあったかさに感動しています
(一緒に問題を乗り越えていきましょう、が特に嬉しくて嬉しくて、です^^)。
真摯なYさんの姿勢にも心を打たれましたvv
Yさんの2か月のカウンセリングの頻度はどの位だったのでしょうか?
4回セットのお電話でのカウンセリング、どの位の間隔でお願いするのが、
理想的でしょうか。

もし宜しければ教えてくださいね。お付き合いありがとうございました(^-^)  

バジルさん、ご質問ありがとうございます。
バジルさんだけではなく、他の方も同じように質問したい方が
いらっしゃるかな?と思い、掲載させていただきました。

人によっては電話カウンセリング12960円って、
決して安い金額ではない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
3000円ランチ4回行けますからねー。(‘▽’*)♪

ですから、本当に価値のあるカウンセリングを受けて、今の問題を解決したい、
そう思うのはごもっともです。

ではバジルさんのご質問にお答えしますね。

質問1
スカイプはカメラなしのマイクだけでOKですか?

⇒ OKです。スカイプは音声のみで行っております。対面をご希望の方は
 夏7月~8月に東京で面談のカウンセリングを行っております。

注(この回答記事を書いた2015年の当時、私はアメリカに住んでおりました。
現在は私は日本に戻ってきましたので、海外在住の方はスカイプで、
日本の方は電話カウンセリングと面談カウンセリングを行っております)


質問2 
夫婦問題を2ヶ月でよい方向に持って行ったYさんは、2か月の間、
カウンセリングの頻度はどれくらい?

⇒1か月に1回づず、今まで2回スカイプカウンセリングを受けられています。

質問3
4回セットのカウンセリング、どれくらいの頻度で受けたらいいですか?

⇒これは本当に人に寄るのです。
1か月に1度の方もいますし、1週間に1度の方や、1週間に2度の方もいます。
本人が辛くなったらご連絡を下さる方もいますし、
定期的に2週間に一度という方も。

ただ、最初は1週間に1度、
だいぶ心が安定してきたら、1か月に1度の利用の方が多いかな。

でも決まりはないのです。
話をききたくなったり、きいてほしいことがあれば、その都度お話を伺っています。

もしも、カウンセリングがまだまだ不安な方。
初回カウンセリング45分は無料でお試しいただけます。

そこで無理やりの勧誘を私はしませんので、ご安心ください。

納得いただけて、是非カウンセリングをこのまま受けてみたい、という方は
その後、再度ご予約をとってお話を進めていきましょうね。

大丈夫、
私はとって食べたりしませんから、安心して試してみてくださいね。

ご参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる