不安を受け止めてもらう大切さ

ちょっと同僚とトラブったとき。
彼から連絡が途絶えがちになって不安感満載になったとき。
お財布落として、自分の情けなさ加減にがっかりしてしまったとき。

一人で悶々としてしまう事ってありませんか?

例えば、彼と喧嘩して、それから連絡がなくなってしまったとき。

「もしかしたら、他の女の人ができたのかな?」
     ↓
「あー、私が言いすぎたからだ」
     ↓
「でもいつからその女の人と付き合っているんだろ?」
     ↓
「そういえば、先週の週末もずっと携帯留守電だったし。」

なんて、一人でドンドン落ち込む妄想が始まりませんか?

心に生まれた小さな不安、心配事。
抱えてしまうと、それがドンドン大きな「不安」を生み出すこと、ありがちです。

でも、真実は「今連絡がない」ということのみ。
女性がいるかどうかは、この段階ではわからないのが真実。

でも、「いる」事にしてしまいがち。
「いる」事を前提に、今後の事を考えてしまいがち。

これを止める有効な方法の一つに
「不安を誰かに受け止めてもらう」
という事が上げられます。

女性は特に、友達同士でやっていること。
「ちょっと聞いてくれる?」
そんな出だしから始まる、相談事。

「それは大変だったね」
「それは心配になっちゃうよね。でも、もしかしたら忙しいだけかもよ?」

など、受け止めてもらい、励ましてもらうと、心がちょっと軽くなる。
悪い妄想は、ちょっとスピードがゆるまる。

悪い妄想って、悪いことが起こることが前提の思考になっているから、
その事が起こるかのような振る舞いをしてしまう事が多いです。

なので、結果はあんまりよくないことが起こりやすい。

勿体ないですよね。
ただでさえ、心も辛い状態ですし・・。(/TДT)/

先日、いきなり次男から10時半頃、携帯にメールが来ました。
mama~
リフェローというのは、先生からおしかりを受けて、減点されること。
授業中のおしゃべり、-1点。
制服のベルトを忘れた、-1点。のように。

ある一定の-点になると、退学処分になります。
多民族国家、アメリカならではのシステムですが、
いい訳など一切聞きません。

次男はスペイン語の授業中、ビデオをみる授業だったので、部屋が暗く、
部屋の時計がよく見えなかったとのこと。
で、ついiPadの時計を見ようとスイッチを入れてしまったら・・。

怒られてしまいました。・゚・(ノД`;)・゚・

この学校は教科書は全て、ipadにインストールされた物を使っているので、皆iPadを持っているのですが、もちろん生徒によっては先生の目を盗んでゲームをやってしまう子もいるんです。

なので、先生の目は厳しい!問答無用で減点されてしまいました。

次男にとっては初めての減点で、「退学になったら!?」っとショックだったようです。

これ、7時間あるうちの3時間目での出来事だったのですが、私にメールして気持ちを受け
止めてもらったことで、その後の授業は気持ちを切り替えて、元気に受けられたようでした。

心を元気にするために、誰かに受け止めてもらうって大切なようですよ。

状況を悪い方向に暴走させない為に、あなたは誰に受け止めてもらいますか?
その中にカウンセラーも候補に入れてもらえたら、嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる