幸せですよ、訳のわからん、お気楽な見方をしているおかげで

先生、その『出来事』とは、
『一見、自分にとってはマイナスに見える事』、
だけ、ですか?

先日の記事に寄せられたコメントです。
簡潔なコメント、本当にありがとうございます。

このお答は、あなたに起こる「出来事」全てにおいてです。

私が気になったのは、この文章で、
「自分にとってはマイナスに見える事」
と書かれていらっしゃいますが、これは、

自分がマイナスに見えるようにしている
自分がマイナスに見える選択をしている

ということです、とお伝えしたい。

でたぁ、沼田の訳わからん、物の見方。
でたぁ、沼田のお気楽なものの見方。

世の中、そんなにいいことばっかりじゃないんだい!
沼田さんは恵まれているから、そんなに幸せそうなんじゃないですか!

って怒られそう・・・。

そう、幸せですよ。
訳のわからん、お気楽な見方をしているおかげで。

世の中の出来事ってマイナスでもなければ、プラスな事でもなくて。
どっちでもない、ただの「出来事」なんです。

それをどのようにとらえているのかは、私たちの心が決めていること。

私の例でお話ししますね。

私は結婚する前までCAとして、飛行機に乗務するお仕事をしておりました。
ところが、スキーで転倒して、左足のひざの内側の靭帯を切ってしまいました。
手術、リハビリで、2カ月入院し、仕事復帰まで3カ月を要しました。

「昔、スチュワーデスはスキー禁止だったんだぞ!
仕事に穴をあけることを恥ずかしいことだと思いなさい!」

と上司に怒られました。
もちろんお給料もそれなりにカットされました。

そして、挙句、退院した途端、お付き合いしていた男性から
「他に好きな人ができた」
っと振られてしまいました。

もう踏んだり蹴ったり・・。

この出来事、散々なストーリーになりそうですが、
チャンス満載の幸せストーリーに書き換えられるのですよ。

CAの仕事は非常に不規則。
スタンバイと言うスケジュールが組まれてて、欠員が出ると電話一本で、
「これからモスクワ10日間のフライトに行ってくれ」
「明日から、ブラジルまで12日間のフライトに行ってくれ」
なんて言われてしまうんです。

ですので、車の教習所に通えていませんでした。
(予定が立てられませんでしたから)

退院後の1カ月はリハビリ期間でしたので、ギブスも取れ、歩くことが可能でした。

「こんな時間がとれるチャンスはめったにない!免許とっちゃおう!」

と車の免許を取得し、それが今となっては、車社会のドイツやアメリカの駐在で、
大変助かる現実となりました。

っといいますか、アメリカで車を運転できないと、子供を学校にも連れて行けません。
必要不可欠なんです・・。

結婚して退職した翌日には、香港での駐在生活が始まっていましたので、
あの怪我での休職期間は、本当に貴重なチャンスでした。

この彼の後、2人の男性に振られてから、やっとこさ今の夫に出逢うのですが、
この彼と結婚していたら、私はアメリカで夫とゴルフをする経験もなく、
きっとカウンセラーになることもなく、今の息子たちにも出逢えてなかったでしょう。

そう思うと、あの彼に振られて本当に良かったって思えるんです。

当時はもちろん、ウイスキーのボトル開けて、おいおい泣いて、友達に慰めて
もらっていた日々でしたけれど。
あんなに最高な彼はいない!って思って泣いて泣いて・・・の日々でしたが。

「どうしても私の人生、悪いことばかりにしか思えん!」
「私って運がないんだわ!」

もしもそんな思いから抜けられないとしたら。

一緒に「違う見方はどうしたらいい?」を考えてみませんか?
どうせ見るなら、「幸せな見方」を選択したほうが、何だかお得だと思いま
せんかねー?( ̄ー ̄)ニヤリッ

世界がガラリと変わって見えますよ、きっと。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる