もっと自分に優しくしてみようよ

すごい!最初のコメントの方のメッセージを読んでおお!と声をあげました。
私もちょうど仕事で同じようなこと・・考えてましたから・・。  

今の仕事、嫌いじゃなけど楽しみを」感じず、
ただただ日々の生活費家賃のために働いてるんだ、
それでいいじゃないか。そう思い続けて仕事してました。

 資格も特技もない自分にはこんな嫌な仕事しかない、これくらいしかない
、こんなどうでもいい仕事がお似合いだって・・。 

そういう時は自分を責めてたんだな・・と思いました。
 とりあえず今は、自分を責めない、これを軸に仕事続けています。 

(仕事が増えることも、自分への嫌がらせだ!と癇癪立てたり 
人に仕事をふれないのは自分が弱いから、 仕事が多いのは
上司が自分を遠回しにつぶしたいだけだ、と思い込み一人で腹を立ててたん
ですよね。そんなとき悲しい思いをするのは自分だけだと気付かずに。)

だからひとまず、 仕事が多い=自分がダメなやつ と結びつけることは
やめよ~って思いました。  
本当は今の仕事もう飽きちゃった(爆)から次行きたいなーって思ってますが・・
まず日々自分にやさしくしてあげよ~、それの積み重ねかなーって思う日々です。  

今日の記事、私のビジョンになってる気がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

霜月さん、コメントどうもありがとうございます。

ビジョンにしてもらえて、本当に嬉しいです。

自分いじめ、多くの人がしてしまいがち・・・なんですよね。

自分にはこんな酷い状態がお似合いだ。
自分はダメなやつだし。
自分は幸せになんか、なれる器じゃないし。
自分は愛される価値なんか、ないし。
自分は生きてる価値なんか、ないし。

ちょっと待った~

なんでこんなに自分いじめするんだ
なんでこんなにダメだしするんだ

おかしくないか

って気づいて欲しいのです。

なんで
良くやってるよな。
大好きだよ、私。
こんないいやつ、いないよ。
こんな人が妻だったら、めちゃめちゃ大切にするし。
こんな人が友達だったら、皆に自慢する。

そう思わないの、おかしくないか

そんな気づきがあっても、良いんじゃないかって思うのです。

なぜ人は、自分に厳しすぎる点をつけたがるのでしょうか

自分は周りと比べてダメなんじゃないか。
何も出来てはいないのでは?

そんな偏った見方をしていても、
幸せな気持ちは感じられない。

そこに気がつけたら、
もっと楽になるかもです。

皆さまのコメント、多くの方の「キラ星」になること、多いようです。
私が書くブログより、ずっと説得力があるから・・・・かな。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる