自分を大切に扱うことの意味

前回のブログ、
自分が楽しむことに罪悪感を感じるときにコメントを頂きました。

ほんとですね。私も沼田さんのカウンセリング後、仕事を辞めました^^
辞めた方が良い職場だとわかっていたのに、
なんとか続けたいという私の気持ちを大切にしてくださって、
気持ちよく続けられる方法を一緒に考えてくださった沼田さんに感謝しています。

尊重してもらえたからこそ、辞める決心がついたのだと思います♪
今は時間が出来ておだやかにハッピーです^^

コメントどうもありがとうございます。
そうですか、お仕事辞められたのですね。

仕事を続ける方法を考えるカウンセリングだったのに、
(自分を)尊重してもらえたから、辞める決心をした。

そして今はハッピー。
本当に良かったです。

カウンセリングでこんなこと、よく起こります。

自分を大切に思える時、
大切な存在だと腑に落ちた時、

人は自分が幸せになる選択を取れるようになります。

仕事だけではありません。

恋愛、結婚なども同じです。

例えば、ダメな人だとわかっていても、別れられない人がいたとします。
一緒にいて振り回されるのだけれど、でも好きだから離れられない。
でも、いつも「これでいいのか?このままじゃ、ダメなんじゃないか。」
と思っている。

一緒にいるのが、苦しい。
でも別れられない。
好きだから。
1人になるのが怖いから。寂しいから。

こんな時、カウンセリングなどで
「自分はこんなに素敵なんだ。
もっと自分を労わってあげたい。
大切にしてあげたい。」

そんな気づきを持った時、
こんな人は私には似合わない、
と思い始め、別れを選択することがあります。

でも、大抵次に出会う人は
もっともっと素敵な人であることが多い。

今、苦しいな、辛いな。
そんな時にこそ、自身を大切に扱ってあげてください。

そこから自分が進みたい道が開けてきますから。

道に迷った時には、、、

一緒に道を探してみましょう。
ご連絡をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる