セクシュアリティを高めるには

セクシュアリティは私たちの「生きるエネルギー」のこと。
(心理学を学ぶまではセクシーさのような、エッチなことだけの意味だと
思っていました(汗))

明日の飛行機でアメリカに戻る予定ですが、今回の日本滞在で沢山の
方との出逢いで「セクシュアリティ倍増」出来た気持ちがします。

先日のフェスタや面談で色々な方に出逢え、沢山の「ありがとうの力」を
頂きました。

fure-fure-THANKYOUCARD

hannkatiフェスタでお話してくださった方や、面談で初めてお逢いした方、グループセミナーでお逢いした方に言われたのが、
「沼田さんってとってもか弱くて背も小さいというイメージがありましたが、
全然違いますね。
背が高くって(今回人間ドッグで測ったら168CMでした、
普段は7CMヒールを履くので175CMあるように見えるかも)
とってもエネルギッシュでブログで受けたイメージと真逆ですー
とのこと。

このコメント、複数の方に言われましたので、ブログでの写真が
「小さく、か弱い人」に写っているようなのです。(不思議、なぜでしょう

「やさしさ」を与える人は、当然心の中は「愛ややさしさ」でいっぱいです。
自分を扱う時もやさしいでしょうし、周りから「やさしい人」という評価を受けます。
きっと周りからもやさしくされることでしょう。
「正のエネルギー」を与えると「正のエネルギー」が返ってきます。
それも与えた以上に。

「いじわる」を与える人は、きっと周りからもいじわるされちゃうんじゃないかな。めぐりめぐって。
悪口を言っている人は、きっと「いつも悪口言っているよね、あの人。」って、結局悪口を言われちゃったり。
「負のエネルギー」を与えちゃうと、必ず「負のエネルギー」が返ってくる気がします。

セクシュアリティも一緒。
周りにエネルギーを与えている人は、きっと周りから与えてもらえますよ、倍増してね。

カウンセリングでクライアントさんを励ましたり、応援したりすることがとても多いのですが、
今回の滞在で多くの方からメッセージを頂いたり、心温まるプレゼントを頂いたり、一緒にお写真を撮って
頂いたり、何だか私の方が励まされ、応援され、感謝して頂き、
「生きる力」を沢山頂きました。

エネルギーの循環はやはり起こるのだと、心から実感しました。

自分が楽しめることをすることも、もちろんセクシュアリティをあげるには大切な要素。
(これ最重要です)

今回は読みたい本をたくさん買い込み、日本にいなかったので行けなかったセミナーが
収録されたDVDを買い込み、食べたかった美味しい食べ物を沢山食べ、(先日ブログに書いた
298円のいかめんたいもそのひとつ!友達が和牛肉を焼いてくれ、和牛祭りをしてくれました。
おいしかった!)エネルギー満タンになりました。

明日のフライトでアメリカに戻り、また来年の夏日本に一時帰国する日まで頑張ってきます。

今月からまたスカイプでのカウンセリングとなります。
ブログで、スカイプで、また皆さまとエネルギー、循環させましょう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる