逆転の生き方

私が小5まで育った家は木造のおんぼろアパートでした。
一畳の台所、その奥には4畳半、そして6畳の畳の部屋。お風呂は外にありました。
ここに弟2人を含む家族5人で生活をしていたのですが、私のお気に入りの場所は
母が学生の頃使っていたお古の私の勉強机と、洋服ダンスの間のわずかなスペース。
(母のお古って、本当に昔の机です~
そこから外を眺めて、いつか家の中に階段のある家に住みたいと
空を仰いでいました。(つまり一軒家ということ。子供の頃だったのでそう思ったのですよ

うちが貧乏だったため、私は大学に進学できませんでした。
親に頼みこんで行かせてもらえたのは、2年制の短大。
当時母は「男の子である弟達は4年制に進むだろうから、あなたには悪いけれど
短大にしてね。それがうちには精一杯なのよ。」
と言われていました。

その時に
「絶対に豊かな生活を手に入れてやる
と心に誓いました。

そして月日は流れ、今現在。
アメリカというお国柄もあるのですが、あの木造おんぼろアパートの
10倍近くの広さの家に住んでいる私。
まさに子供時代、憧れだった家の中に階段のある家です。

人生に逆転はあるのだと身を持って実感をしています。

そして昨日。
遠く離れた場所で寮生活をしている長男が、私達の家に夏休みに入ったために
戻ってきました。
飛行場に現れた長男は、また一段と大人っぽくなっていました。

家に向かう車の中は、半年間離れていた時間の報告話が盛りだくさん。
寮生活のこと、友達のこと、クラブ活動のこと、そして、、、
「僕ね、成績学年2番に入ったよ。」
「え本当に

私達夫婦は心底たまげました。
それは、、、

息子は中学受験の時、とても辛い経験をしました。
それは仲良し3人で受けた学校に、うちの息子だけ落ちてしまうと言う経験。
インターネットで合格発表が行なわれたのですが、
その事実を知った時、息子は声を殺して涙を流していました。
長い長い間、ずっとパソコンの前で泣いていました。
精一杯頑張ったけれど、力が及ばなかった現実。

私はどう声をかけたらいいかわからず、受かった友達2人もそしてそのママ達も
私達親子にどう連絡を取ったらいいのか悩んだのでしょう、
しばらく連絡がありませんでした。

そんな昔のことをぼんやりと思いだしていた時、
「僕ね、アメリカに来て新しい場所で、
もう一度生まれ変わった気持ちで頑張ろうと思ったんだよ。
だからすごい努力した。本当に頑張ったと自分でも思う。」
そんな事を長男は言っていました。

彼も私のようにきっと実感したと思います。
逆転の生き方もあると言うことを。

パナソニックを創設した松下幸之助は子供時代、貧乏な家に生まれたので、
丁稚奉公(でっちぼうこう)に出されてしまいました。
そんな男の子だった人が、日本を代表するような大きな会社を作りあげました。

ま、松下幸之助氏はほんと、雲の上のようなお方なんですけれどね。

もとい、話を戻しますね。

逆転の生き方ってあきらめない生き方だと思うのです。
でもね、なかなか逆転のチャンスが来ない間って
「もうこのまま低迷した状態なの?」
って不安に思うでしょうし、チャンスはないのではないかって絶望感も感じる。

私がそう感じていたことがあったから。

ですからそこをどう乗り切れるか、
チャンスが来るまでの間、どうやって過ごすかって大切だと思うのです。

我が爪を研いで待っているのか。
めげそうになった時「大丈夫、やれるよ!」と励ましてもらえるのか。

今あなたが辛い状態でいるとしたら。
逆転のチャンスを心のどこかで望んでいるとしたら。
今現在の過ごし方はきっと大切だとおもうんです。
今日のこの日が未来に繋がっているのですから。

どうか、どうかあきらめないで。

今日もブログにお立ち寄り、ありがとうござます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる