あなたの目線が変われば、あなたの生きる世界もかわります。~拍手コメントから~

私達は知らず知らずのうちに「自分の目線」というもので世界を見ています。

「夫は家族のために稼いで家族を養って当然」
という目線の方は、
「リストラされたさっさとハローワーク行って仕事探してきなさいよ
ったく使えない男だなぁ
なんて強気な考え方をお持ちであったりして、もしもこんな夫が
「もう僕は限界。別れてくれ。」
となって初めて、

自分にとって夫の存在の大きさ
実は夫のおかげで自分の今までの雨風しのげる生活が確保されていたこと

等がわかり、
別の目線があったことを知る事になります。

カウンセリングや、こうしたブログなどでは
こんな非常事態になる前に

実はこのような目線があるんですよ。」
「あなたにはこのような考え方のパターンがありますが、こうすると上手く行くことが
多いですよ」

と気づくきっかけをお作りしています。

前回のブログ「夫を褒めるのと叱るのとどちらが良いですか?」
に”三十路後半だけど新婚です”さんの拍手コメントへの解説を載せました。
その方からその後の経過をコメントでお寄せ下さいました。

さっそくのアドバイスをありがとうございました!
9割ほめて1割「ここぞ」というところはしっかり伝える、それを意識します。
実は昨日の夜も、ギャンギャン怒る自分に嫌気がさし、冷静に彼になぜ?
と思うことを伝えてみました。
そしたら彼の「できない」という理由がわかって、すごく驚きました。同時に、
私にはできない彼のすごさも。すごい!と思うところはたくさんほめて、
「ここは手伝わせて。一人で抱えないでね(←ギャンギャン私が怒っていたこと)」
と伝えました。
彼の才能を開花する、彼の成功が花開く、そのサポートは、私も腹をくくらねば
と思うほどのもの。だけど同時に、こんな幸せなことはないなと思います。
これから子どもも生まれます。普段はくだらないことで笑っている夫婦です。
「9割ほめて1割しかる」を忘れません。ありがとうございました…!!!

”三十路後半だけど新婚です”さん、こちらこそ本当にコメントありがとうございます。

この方の場合、
今までは叱ることがメインだった

でも今回は冷静になぜ?と思うことを伝えた。

彼の出来ない理由がわかった。
同時に彼のすごさもわかった。

今の幸せを実感した。

という流れがあります。

もしも今
「夫婦関係が上手く行かない」
「職場の人間関係が上手く行かない」
「なぜかやることなすこと、上手く行かない」
など問題があるなぁ・・・と感じましたら、

自分の考え方のパターンは一定ではないか?
自分への自己攻撃がないか
この問題が教えてくれるメッセージがあるとしたら何か?

を考えることは、別の目線を持つ手がかりを作ってくれます。

自分を俯瞰することは、問題の真っ最中ですと難しいことも
ありますよね。
そのような時、カウンセリングを利用してみてください。

あなたのパートナーへの見方、
上司の見方
同僚への見方
そして何よりあなたの毎日の見方

に変化が生まれ、あなたの行動も変わってくることでしょう。
すると当然、周りの反応も変わります。

生きやすく感じる毎日を作っていければ良いですよね。

今日もブログへのお立ち寄りありがとうございます。
良い週末をお過ごしくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる