部屋のおそうじで浮気防止

私達が毎日を過ごす家。
多くの時間を過ごす部屋。

その状態はどんな感じでしょうか?

前回のブログ「幸せになる心理パターンをつくってみませんか?」
の中の文章、

余談ですが、
「夫が浮気をしてしまう家は、散らかっている家が多い」
と聞いたことがあります。

に興味を持ってくださった方が何名かいらっしゃり、コメントでもう少し
詳しくお願いします。
という事でしたので、今回はこのお話を。

部屋はそこに住む人の心を写し出す・・・
と言われています。
部屋が散らかっている場合、大抵その人自身も
精神的に仕事や人間関係などで余裕がない、
つまりとっちらかっている状態であると言えます。

そして、この部屋に私達はとても心理的に影響を受けます。
散らかっている部屋はやはり心が落ち着かない、不安定になりがち。
そこに身をおく、夫婦関係も不安定になりますし、
子供の心理にも影響が出てきます。

引きこもってしまっている人の部屋がとてもきれいに片付いていることは
ほとんどなく、ごちゃごちゃとしていることが多いことからも、部屋は心理状態を
表していることは読み取れます。

でもね、大抵散らかす張本人は夫だったり、子供だったり・・。
ですから妻は不満がさらに溜まりますよね。
「私ばっかりが片付けてる。
夫は靴下脱ぎっぱなしじゃない

ホントホント、ごもっとも、です。

ゴミをポイ捨てする心理で、
ゴミが落ちてる道路にポイ捨てするのと、
きれいさっぱりした道路にポイ捨てするのと、
人が感じる「後ろめたさ」って随分違うと思いませんか

ごちゃ~っとしたお部屋だと、そこらへんに新聞をおいちゃったり、
食べたポテチの袋を置き去りしても、
「別に自分が汚したって状況は同じ」
という心理が働きます。

いつまでたっても不安定な心理を生んでしまう、散らかった部屋から脱出できません。
人は安定を無意識に求めるので、その家から距離を取ろうとします。
それがパートナーの
「帰りたくない症候群」に結び付いたり、「浮気」に繋がったりは起こりうることです。

ですので、まずはどうにかしないと・・と危機感をもった人からの第一歩は大切。

そしてもう一つ。
部屋の「氣の浄化」もされると良いです。

部屋の中で何度か手をたたく(神社等のお参りの時にしますよね?)事をし、
たたいた時の音がよく響くように感じられたら浄化された証。
高音に響く、鐘の音も効果が期待できますよ。

パートナーシップはもちろんですが、
何よりも私達の心の安定のために是非お部屋の片づけ、大切に。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる