コロナ禍だからこその、上手くいくパートナーシップとは?(その1)

今まで経験したことのない状態が続いている昨今ですが、この時期だからこそ喧嘩もパートナーと増えるかも!?

そんなあなたにお伝えしたいこと。

アメブロ、恋愛テクニックにUPした今日の記事です。

1238124039578[1]

ペンギン   ペンギン​​​​​​​

新型コロナウイルス感染拡大で、パートナーシップにおいても
分岐点を迎えられている方も多いのではないでしょうか?

例えばの話。

外出自粛で夫が在宅勤務になった。
私は朝昼晩とご飯を作って、食器洗ってかたずけして、その合間に仕事もしている。

なのに夫は、一日中自分の部屋に籠って仕事をし、ご飯の時だけリビングにやってくる。

なんで手伝わない?なんで私だけ大変!?

コロナ離婚という言葉を聞いたことがあるけれど、うちもそうだな!!(怒!)

そんな気持ちを感じている方、いらっしゃいますか?

例えばの話。

付き合って1年の彼は、美容師の仕事についている。
ところが、コロナ禍のせいで仕事は激減。

そのせいか、最近はイライラしている感じで時々私に電話であたってくる。

私だって通勤電車で感染したら、、っていつも不安だし。
彼にあたられると、私も受け止める余裕が持てなくて、ついイラっとしちゃって喧嘩になっちゃう。

最近は外食も心配だから、ついつい控えようとしちゃうし。
だからデートもなかなか出来なくなっちゃっているんだよね。

前のような関係には、もう戻れないのかな、、。

そんな切ない気持ちの方、いらっしゃいますか?

2019-10-29_102524

● こんな時だからこそ、もう一度男性心理のおさらいを!

読者の方は圧倒的に女性が多いので、今回も女性目線で進めていきますね。
(男性読者の方、ごめんなさい!個別にカウンセリングで伺いますね)

今回のコロナ禍は、今までに私達が経験したことのないような状況、例えば

長期間にわたり、パートナーと長時間同じ空間ですごす
外に逃げ場がない(外出自粛のため)
今後収入が減るかもしれない社会情勢
婚活パーティのような、複数人数集まるイベントが開催できない
病気に感染する恐怖

などがあり、あなたも心の余裕が持てなくなっちゃっているかもしれませんね。

傾向として女性は、
「不安な気持ちを受け止めて欲しい、わかって欲しい」
と思い、それを彼に、またはそれに代わる第三者に察してわかって欲しい、、と思いうことが多いです。

つまりは、
「こんな状況なんだから、言わなくても私がどれだけ不安かわかってるよね?」
みたいな期待感情です。

でもね、、きっと期待するほどわかっていませんよ。
察する力、多くの男性にはありませんから!!

これは男性が悪いわけではなく、性差なだけ。

だから「思っていることを伝える」ことは、とってもとっても大事です。

● 助けを求めるまで、手を差し伸べない男性

私もブログで何度も、
「男性は大好きなパートナーの役に立ちたがっている」

とお伝えしてきています。

2019-10-07_104605

でも、もしもあなたのパートナーが、
「全然私を助けてくれない。むしろ私の敵か?と思うくらい、何もやらん!!」タイプの男性だったとしたら、、。(冒頭の、在宅勤務で部屋にこもりきりの夫の話みたいなやつです)

理由はざっくり2つ考えられるかな。
もちろんこの他にも、細かく見るとあるけれど、ここでは代表的なもの2つを解説します。

① 男性は言われたら、言われた通りに任務を遂行する

女性同士だと、

「あ、ご飯作ってくれたから、お皿は私が洗うね!」
「お皿洗ってくれるなら、私が拭いてどんどんしまっていくね」

と、言わなくてもあうんの呼吸で動きますが、男性はこのようなスーパーマンはそうそういません。
(いたら天然記念物ものなので、大事にして差し上げて下され!!)

なぜなら男性社会では、助けを求めていない人を助けることはすなわち

「あなたは無能だから、一人じゃ無理だね」

と、その人の能力を否定してしまうことになりかねないから。

男性同士って、あんまり相談事ってしないんですって。

「何かに悩む=問題解決能力がない、と思われる」

という構図が頭に思い浮かぶから、なんだそうです。
だから相談するなら、その道のプロ、例えば弁護士やコンサルなどに対価を払って相談するそう。

なので、して欲しいことは「わかりやすく伝える」ことが大事。

「私が大変なのは、わかるよね?だから私を助ける行動、できるよね?」と、期待しないでください。

私の夫もテレワークして1か月半が経ちますが、
「ご飯作りは私がするから、お昼と夜は食器の後片付けをお願いしたいの。食器だけでなく、フライパンも洗うこと、忘れないでね。」
と伝えています。

おかげさまで食事後、私はすぐにカウンセリングの仕事に入れています。

(お皿のみに意識が集中し、ガスコンロのフライパンやお鍋に目が行かなかったのですわー。でも伝えると、しっかり洗ってくれています。)

今のところ、しっかり、任務を遂行してくれています。本当に本当にありがたい!!

2019-03-04_090501

② 今までダメだしなど、彼を否定してきませんでしたか?

男性はもともと「役に立ちたい生き物」だとお伝えしてきましたが、だからこそ

「あなたは役に立てていない!(つまり役立たず!ってやつですね)」

という表現を突きつけられうと、拗ねるという形で怒りを表現します。

多くの人は悲しみを感じたくはないので、怒りで悲しみを覆いかぶせてしまうのですね。

(女性も会ってくれない悲しみを、怒りでかぶせて表現しがちですよね?『なんで会ってくれないのよ!!(怒!)』って。)

「あなたってホントダメねー」
「あー、つかえない!」
「あなたってサイテー」

そんなダメ出し、うっかりしてきた過去があると、
「もうやってらんね~よっ!!」と、男性は手を差し伸べることを放棄しちゃうことは、少なくありません。

● 今こそ、相互に助け合う時

このような平和だった日常が覆された不安な現実の中でこそ、人は誰かと繋がりたくなるもの。

子供の頃、台風のような強い風が吹いている中、一人でお留守番していたら不安ですよね。
「お母さん、早く帰ってこないかな~」と、早くお母さんに会いたくなりませんでしたか?

不安な時、人間は心に余裕がなくなり、その不安を感じたくないので「怒り」でかぶせようとすることがあります。

でも、本当はパートナー同士、ケンカをしたいんじゃない。
本当は助けて欲しいのですよね?

安心感が欲しいのですよね?

それはきっと彼も同じ。

なので、まずは「あなたの気持ちをわかりやすく伝える」ことをしてみてください。

女性のあなたが不安定だと、感情的になりがちです。
女性が感情的に当たり散らすと、男性は「引きこもりの怒り」に入りやすくなります。

だんまり
部屋にこもる

このパターンに男性が入りやすくなっちゃいます。

でも、私達女性が欲しいのは、そんな現実じゃないはず。
大好きな彼と、この難局を乗り越えていきたい、、じゃないですか?

次回5月1日のアメブロ記事「恋愛テクニック」では、相手の気持ちをどう受け止めるか?
コロナ禍で収入が減った彼にどう向き合う?という、「いまこそあげまんになるチャンス!」な話を書いていこうかと思います。
(例えばの話の、美容師の彼、の話です)

本当に歴史に残るような、そんな時代を今現在、私達は生きていますよね。
あなたが今日も明日も、守られていますように。

いつもブログを読んで頂き、本当にありがとうございます。

=======

ただいま、オンラインで面談カウンセリングをしています!!

 

ZOOMで講演会をします!是非お話、聞いて欲しいなぁ~。
 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる