私の辛い時を乗り越える考え方~6月のスケジュールが決まりました~

こんにちは!カウンセリングサービスの沼田みえ子です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

あなたは辛い時を過ごす時、

あの辛い時代よりは今はまだまし!ならきっと乗り切れる!

と思うのか、

昔はよかったなー。またあんな時代に戻れたらいいなー

と思うのか、どちらの考え方で今、この辛い時期を乗り越えていくのでしょうか?

どちらがいいとか悪いとか、はないのですが、私は前者の
「あの辛い時代よりは今はまだまし!ならきっと乗り切れる!」の考え方なのです。

2019-05-21_095243

私にとって、ドイツ駐在時代が一番大変な時期だったと感じます。
次男がおなかにいるとき、つわりでゲーゲー吐きながらドイツ語学校のエッセイを毎日書いていました。もちろんドイツ語で。

そのドイツの学校に行くために、本当は生きたくない気持ちを知りながらも長男をドイツの現地幼稚園に連れて行っていました。子どもを連れてドイツ語学校には行けませんでしたから。

「あぁ、、本当は息子はママと一緒におうちにいたいんだろうな。
幼稚園、言葉がわからなくてつらいよね、、。ごめんね。ママ、一生懸命ドイツ語話せるように頑張るね。」そんなことを毎日思っていましたねー。

一生懸命、幼稚園の玄関で私の姿が見えなくなるまで手を振り続ける長男を背中に感じながら、私が罪悪感で泣きながらドイツ語学校に向かっていた毎日は、本当に辛かった。

夫は週末もほとんどいませんでしたから、あてにできず、本当に孤軍奮闘の感覚でしたし。
実際に次男出産のときも、夫はスペイン出張でドイツにおらず、間一髪、友だちの助けで出産30分前に病院に滑り込んだ感じ。

だから、日本語で生活できる今の毎日は、それだけで楽に感じられます。
昔は5キロのお米を抱えて走っているような感覚でしたが、今は身ひとつで走っている感覚、とでも言いましょうか。

だからいつも「あの時と比べたら、、」と無意識に過去の暗黒時代と比較をして、
「今はまだましだ!よっしゃ!頑張ろう!」と自分に言い聞かせたりしています。

2019-03-19_091848

今、あなたが大変だと感じる毎日を過ごしているとしたら。
未来のあなたが今を振り返り、「あの時は私、よく乗り越えた!今の方がまだましだ!よし!頑張ってみよう!」と生きるパワーを得られるかもしれません。

昔の私もそうでしたが、多くの人は「一人で頑張ろう」とします。
あなたももしかしたらそうなんじゃないかな?

でも、問題を感じるときは「分離感」を感じている時が圧倒的に多いのです。
一人ぼっち感や、寂しさ、孤独を感じている時に「これは問題だ!つらすぎる!」って思うの。

今、一人で頑張らなくてもいいんですよ。
時には、私達カウンセラーを頼ってみてください。

一緒に今を乗り越えていきましょう。

6月のスケジュールが出ました。⇒6月スケジュールはコチラをタップ
6月末に南大東島出張カウンセリングが入るため、最終週は予約枠が少なめです。

本日12時より予約センターで承ります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる