どんな感情にお金を投資し(使い)ますか?

昨日はみずがきトレーナーの「お金の心理学」の講座にゲストカウンセラーとして
参加してきました。

ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました!

みずがきトレーナーは株の世界で20年余りをアナリストとして
活躍してきた方で、投資のプロだったのですよ~。

ビットコインなど今の経済のホットな話や、なぜ通貨によって金利がこんなにも
差が広がっているのか?という本当に現実的なお話から、
お金をどうとらえることが大事か?といった心理学の話まで多岐に渡った、
非常に中身の濃い講座でした。

多くの方が参加され、とても気付きの多い講座でした。

そこで、私自身が気付いたこと。
それは、未来の可能性を広げる投資にはかなり気前よくお金を使うけれど、
日常の食費には、結構「お得感」を求めているな~、
つまり「食費には節約母さん」しているんですよ。

講座の中でいくらまでレタスに払ってもいいか?
という問いに私は「150円かなぁ」とお答えしたのですが、
「最近の野菜高騰の世の中では、そんな金額じゃ買えませんよっ!」(きっぱり!)
と同じグループの方からご指摘が、、。

確かに。φ(.. )
なので、私は昔っから日替わりの「特売や広告の品」と限定価格のものを
買うことが本当に多いです。

まぁ大学1年と中3の息子の、しかも運動やっている2人ですので、
とにかく食べる量が半端ないんです。
そんなわけで、スーパーに行って、特売の肉や野菜などを買い物かごに放り込み、
スーパーの隅っこでスマホ片手に「タコ ピーマン とろけるチーズ」などと
特売の食材を検索エンジンにかけて、

「あ、あとパン粉と牛乳を混ぜると『タコピーマンのオーブンチーズ焼き』
ができるぞ!」などとその場で夕飯メニューを決めていっています。

でも、こんな感じで「通常価格より40円安く買った!」と息まいても、
未来の可能性への投資、例えば子供の教育費なんかにはかなり費やしています。

昨日ざっと見積もったら、既に大学1年の長男には私自身が社会人になるまでに
かかった費用の総額の、10倍近くも費やしていました。
(う~、まだ卒業までに3年はかかるぅ、、)
もちろん15年ほどを海外で過ごしていたので、学費もその国の為替レートや
教育システムにとても影響を受けているんですけれど。

でもその差をさっぴいても、特売で買った「小松菜」の差額なんて
あっという間に吹き飛びそうな金額、、。

でも、ここが大事なんですが、どんな気持ちでそのお金を使っているか、何ですよね。

お金に対する思い込みは、子供時代にどんなお金のストーリーを持っていたか、
にとても影響を受けるのですが、私の家はとっても経済的に厳しい家でした。

私には弟が2人いるのですが、それゆえ、
「女の子はどうせ結婚するのだから、弟に教育費をかけよう」
という親でしたので、私自身が望むような教育を受けることが
できなかった悲しさがありました。

そしてそのことが、どうしてもつける仕事に制限を生じさせています。
4年制大学を出ていないと、採用試験さえ受けられない現実に何度も直面しました。

そんな経験から、「教育のチャンスは大切」という気持ちが
私の中に根強いなぁ~と昨日改めて気が付きました。

これは今現在の私自身にも同じで、
自分の仕事のスキルを高めたり、生きる知識をあげるために
やはりセミナーにはあちこち参加しますし、結構な額をそれなりに使っています。

子供の教育費も自己投資も、未来の可能性を広げるための投資だと私は考えています。

だから実際に「達成感やワクワク感」を得ることができるので、
他のもので自分の感情を満たしたい!というニーズがほとんどないため、
食費も含めて、あんまり出費がないんです。
(家族での外食回数は年にほぼひとケタです)

だから必然的にありがたくも資産は増えていきます。

お金を使う時、
「あ~、こんなものにお金を使ってしまった!」という罪悪感や、
「私にはこんなにお金を使うのにはもったいないから、
安いもので我慢しよう」という無価値感
「自分が楽しんだらお金がどんどん無くなってしまう!」という怖れ

等を感じると、この気持ちを何とかするために、安心感を感じたいために

お酒、ギャンブル、浮気、占いジプシー、夜の世界(ホストクラブなど)
に知らず知らずにお金をつぎ込んでしまうことはあり得る話。

稼ぐ(増やす)>使う

でない限り、自己資産は当たり前ですが目減りします。

日常、どんな感情でいることが多いか、当然仕事へのモチベーションにも
繋がりますし、それは収入に直結すること。

お金を使う時に得られる感情が、だからとっても大切なんですよね。

さぁ、今から特売部隊、出陣してきますよ~!
この特売商品からいかに美味しい夕飯を作れるか!が毎回ゲームのようで
ワクワクします。
(家族から「うまい!」という声が出ると、ゲームは勝ち!というマイルールです)

小松菜、2束で98円!超安!(⌒∇⌒)
2018-01-22_100009

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる