自分を強制的に休ませるために病気になった?という見方

大変遅くなりましたが、皆さまあけましておめでとうございます。

実はお正月3が日、ずっと体調を崩し動けずにいました、、。
新年早々、、です。(涙)
結婚して24年目ですが、ここまで寝込んだのは初めて位。\(◎o◎)/!

主婦って、仕事が休みに入っても、
今までたまっていた掃除やらアイロンやら、やることは際限なくあり、
いつまでたっても休むことがなかなかできません。

このワークショップを終えたら、少し休もう。
今度の講演を終えたら、ゆっくりしよう、、。

でも、仕事の合間に家事をやり、子供の学校行事をこなしていく。
こなしていくうちに、また次の仕事の山場がやってくる。

こうして何年も過ぎていきました。

2018-01-05_100358

で、とうとう私の潜在意識が動きました。
現実的に休まざるを得ない状況に。
しかもうまい具合に、仕事にも支障が出ないように仕事が全くない日程で体調を崩す。
しかも家族が家にいる時期なので、夫が料理と洗濯を頑張ってくれ、
息子がお風呂を洗ってくれるなど、家事が分担されていました。

我が家は餃子を夕飯に100個作ることが多いのですが、
今回夫がその餃子作りを取り組んだら、出来上がりが21時半になり、
しかもおかずはその1品しか作ることができず、白飯と餃子のみの夕飯という時も。

※餃子100個作りのドタバタ劇はこの記事もリアルすぎます~!
https://numatamieko.com/archives/50073659.html

筋トレ命の長男や、運動部所属しかも成長著しい次男には全くもって足りない量。
夕飯の後に、さらにコーンフレークに牛乳をぶっかけ、かきこむ息子たち、、。

「みえぽんがいつもどれだけ大変かよくわかったよ~」
「でしょう?皆『今日の夕飯餃子で良いから』っというけれど、
実は『餃子良いから、だと~!?』っと怒りがふつふつとわいていたんだよね。
100個包むのって1時間以上かかるんだから」

「主婦ってホント、大変だね。僕には無理だ」
「ちょっと、無理ってなによ?じゃあ私にも無理だ。あ~、無理無理、むーりー!」

と言いながら、昨日4日からまた全開で動き回っています。

人によっては誰かに任せる、頼る事がなかなかできないこと、あると思うのです。

申し訳ない罪悪感を感じるのが嫌だから、、。
自分でやった方が早いし、正確だから、、という気持ちや、
自分が何もしないことに違和感を感じる場合。

とにかくも頑張り屋さんが多いのですよね。
子供時代には「頑張ること」でほめられることが、数多くありましたから。

そんな人も含めて病気やけがなど、いやおうなしに「依存的」にならなければ
ならない状況がやってくる事があります。

そんな時は、もしかしたら心の底では
「休みたいのに、休めない」
「休むことに罪悪感」

という気持ちを持ってはいませんか?

潜在意識は、自分自身が自覚していない気持ちを感じ取ってくれる部分ですから。

おかげで、『潜在意識ちゃん、サンキュー!』と好きなだけ昼も夜も
眠ってばかりのお正月でした。
これでエネルギーは満タン!
今年2018年も思う存分最後まで走り抜けられそうです。

今年もよろしくお願いいたします。

※本日5日より予約センターもOPENです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる