不倫をしていて夜中に急に不安になる時の対処法【「GWニュース」インタビュー記事より】

不倫に限らず、夜になると物事ネガティブに考えてしまうこと、
ありませんか?

幸福ホルモンのセロトニンは夜になると分泌が抑えられ、
睡眠ホルモンのメラトニンが活発に分泌されるのが
その原因と考えられています。

もしも不安感に襲われたら・・・?2016-07-22_142406

今回のGWニュースでのインタビュー記事はそんなお話。

 GWニュースインタビュー記事:不倫をしていて夜中に急に不安になる時の対処法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる