困難が才能を作る、という話

困難にぶつかると、人は心が折れそうになります。
いや、折れる人もいる。

全てにおいて自信を失ったり。
人生投げちゃいたい気持ちになる。

そんなこともあるかもしれません。

この週末、次男は学校の課題に取り組んでしました。
自分の人生(まだ12歳ですが)を振り返り、家族の事を踏まえた事実からの6話から
なるお話を作る、という課題でした。

月曜の朝、早く目が覚めた私は、その出来上がったお話を次男に内緒で読んでみました。

そこには、12年間生きてきて、僕は5カ国にわたって引っ越しを経験したこと。

4歳にイギリスで初めてプレスクールに通った時、自分は英語が話せなくて、
友達からいじめられたことが辛かったと書かれていました。

けれども2年かかってやっとイギリス人と同等に英語が話せるようになって、
友達と遊ぶことが楽しく感じたこと。

アメリカに渡っても、最初は誰も知り合いのいない学校に通うことに、
とても怖さを感じたこと。

でも、ここでも親の仕事の関係の期限付きの滞在であって、 
先はどうなるか全く分からない事。

12年の間に、私が知りえなかった、彼の心がそこに書かれていました。

いじめのことも、アメリカでの学校生活への不安も、
次男は私の前で口にすることはありませんでした。

その課題で初めてその事実を知りました。

次男は家族の中で、誰よりも英語がうまく、そして学校でもテニススクールでも、
日本語補習校でも、どこでもすぐに友達に恵まれる子でした。

なので、そんな「辛い気持ち」があったとは、本当に驚きでした。 

私のクライアントさまのお話で、
「夫の浮気や、夫からの離婚話」
の事を伺うことが多いのですが、

この事実を経験したうえで、(いや、この事実があったから、という言葉が
しっくりきます) 奥様が
「愛され妻」に変わっていかれる方、結構多いのです。

「困難」は出来れば経験したくない!と思う出来事です。

でも、「困難」が「才能を身につけるキッカケ」になる時もあります。

そしてその「才能」がこれからの私たちの助けになる。
そういう事実は確かにあります。 

もしも今「困難」に直面しているとしたならば。

優しさの才能
人の痛みのわかる才能 
思いっきり勉強して身につけた「知識」の才能
愛される才能
愛する才能

どんな人も受け入れる人間の器という才能
どんな人種とも友達になれる才能
起業する才能 
どんな場所でも生きていける才能

あなたが何かの才能を身につけるチャンスなのだと思う。

困難に感じる出来事に遭遇してしまった。
泣き寝入りはもったいないよ。

才能がきっと未来のあなたを助けるよ。(*゚▽゚*)
その才能を身につけさせるために、その「困難にみえる出来事」は
あなたの前にやってきたのだと思います。

次男が「語学」と「友達作り」という才能を身につけたように。 
クライアントさまが「愛される妻」の才能を身につけたように。 

でもどんな才能を身につけるためにこの出来事が起こったのか、
わからーーん!

それよりも、心が折れそうだよ!

そんな気持ちもある方もいるかも、です。
いや、そう思うのが普通かも。

そうですよね、
その渦中はやっぱり「苦しい~~!」気持ちだらけですもの。

でも、心が落ち着いてからで良いですよ。
「才能」ってなんじゃ?っと。

ちょっと考えてみて。 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる