【Q&A】デート代の分担ってどうしたら良いですか?

先日、「お金とパートナーシップ」の恋愛心理学講座をお届けさせて頂きました。

そこで頂いたご相談、ご質問にお答えしていこうと思います。
いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

デート代の分担、どうしたら?

今日はとてもわかりやすい講座をありがとうございます!お付き合いしている時の、男性とのデート代の分担について気になっております。
男性は役に立ちたい性質を持っているとのことですが、相手の懐状態を色々と勘ぐってしまい、つい多めに出してあげたり、おごってもらうのを遠慮してしまいます。
このような時、沼田さんならどのように配慮されますか?良い関係性のために、何か良い向き合い方があれば教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。

今日のご相談者さんは、ナッツさんに決定!今日は近所のスーパーでハーゲンダッツアイスが特売で、マカデミアナッツのアイスを大量に購入してきました。

ナッツさん、ご相談をどうもありがとうございます。

さてさて。ご相談の文章を読んで、「なんとナッツさんはお優しいのだろう〜!」と感じました。彼氏さんに負担をかけないように気遣って差し上げるなんて、、。

でも、このデート代というお金に絡む話は、「男性のプライド」を傷つけかねないお話なので、慎重になることはとても大事だと私は思います。

かといって、「奢ってもらってトーゼン!!」という態度も、男性の気持ちを萎えさせるものです。なかなか難しいですよね。

女性が多く出すことは控える

私が声を大にしてお伝えしたいのは、女性が経済的主導権を持たない方がいいと言うこと。
なぜならば男性の男性性エネルギーを潰してしまうから、なのです。

お金を稼ぐ力、生み出す力は男性性エネルギーです。女性が多く出す、経済的に優位に立つと、「あなたにはそれだけお金を稼ぐ力がない」と言うメッセージを暗に与えかねないので、男性性が育たなくなっちゃうのです。

なので私だったら以下2点を実行するかな。

① 完全に割り勘にする

② 男性に少しだけ多く払ってもらう。例えば2人の合計が5000円ならば、2000円を女性が払って男性が3000円払ってもらう。

男性によっては、いつも全額払いたがる方もいます。「男とはそうあるべきだ」と男とは、、みたいな信念を持っている方。そのような方には遠慮なく甘え、「本当にありがとう。美味しかったです。ご馳走様」を必ずお伝えします。

甘えることが苦手な時

ナッツさんのように、相手に奢ってもらったり多く払ってもらうことに抵抗感を感じる方には、もしかしたら「甘えることが苦手」な方もいらっしゃるかもしれません。

自分自身がそこまでしてもらう価値はないし、、。なんだか申し訳ない、、みたいな気持ちを感じてしまったり。
無価値感や罪悪感、ですね。

もしも、「私、そんな気持ちがあるかも??」とお気づきでしたら。

甘えることも大事かもな、と、新しい選択肢を是非あなたの中に用意してあげてほしいかな。

あまりに全面依存だともちろん問題にはなりますが、全く甘えることがないと、男性側に「自分の存在意義」を見出せなくなってしまうことに繋がりかねませんから。

男性はあなたの役に立ちたがっているのですからね♪

ナッツさんがこれからも幸せなパートナーシップが築けますように。

今回のご相談、どうもありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

年間有料電話カウンセリング指名本数で、2位を1回3位を4回弊社で表彰された実績を持つ。

目次
閉じる