私のこと、わかってよ!(怒!)

「私一日中子供と二人きりで過ごしているの。
 私の大変さ、わかってよ!」

「うん、わかってるよ。
 いつもわかってるよ、って言ってるし、
 大変なんだなぁって理解してるよ。」

「本当にわかってるの?
 適当にそう答えればいいって思ってるだけで、
 「わかってる」って言ってるんじゃないの?」

「本当にわかってるよ。
 じゃあなんていえば、君はわかってもらえたって感じるの?
 こっちだって仕事で大変なんだからさ~」

「ほら、自分は仕事やってて、自分のほうが大変って思ってるんでしょ!?
 やっぱり私の大変さ、わかってないじゃない!」

「だから、もう聞いてるじゃん。
 いつも堂々巡りだよーっ!!(怒!)」

「何よ、いつもそうやって怒るじゃない!」(涙)

こういうやり取り、夫婦間でありませんか?

私も昔、よくやっていました。(遠い目)
で、わかってもらえていない!って悲しい気持ちになって、
いつか絶対こんな旦那と離婚してやる!
っと怒りの感情を感じまくっていました。

この時、女性は独特の気持ちになっています。

「わかってくれるなら、もっと早く帰ってくるはず」
「わかっているなら、週末ゴルフに行かないはず。」
「わかっているなら、毎日子供をお風呂に自分から入れてくれるはず。」

この
「わかっているなら、~~~~してくれるはず。」

という期待をしていて、
これをしてくれない旦那様に対して、
「おめぇ、なんもわかってないじゃぁね~~かぁ~~!」ヽ(#`Д´)ノ
っとブチ切れてしまう心理があるんです。

一方で旦那様は

「一生懸命話を聞いているし、
わかってるよ!って100万回言ってるのに、
いつも妻は不満をぶつけてくる。
もううんざり!」(≧ヘ≦) 

と、思ってしまう。

女性側は考えて欲しいのです。

「彼にどういう態度をとってもらえたら、
私の大変さをわかってくれたと
私が感じられるのか。」を。

「私の大変さをわかってくれるのなら、
少しでもいいから帰宅を早めて欲しいの。」

「私の大変さをわかってくれるのなら、
週末2時間だけ、カフェで私がゆっくりする時間を作ってほしいの。」

男性と女性って脳のつくりからして違うので、
「こうしてくれて当たり前。」
「こう考えて当たり前。」
は相手にとって「当たり前」じゃないこと、
結構多いのですよ。

具体的に伝えるコミュニケーション、大事にしてみてくださいね。

男女差の話といえば、我が家のおたふくソース騒動話も分かりやすいですよ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる