男性ってやつは!

この週末はカウンセリングサービスの母体の、神戸メンタルサービスのヒーリングワークがあり、私も出席しておりました。

こうなると、夫息子2人の男ばかり3人でお留守番になります。

土曜日は夕方から私の住む町では大雨が降りました。
雨の中、帰宅し、何気にベランダに目を向けると、洗濯物が干しっぱなし・・。
大雨⇒洗濯物が外に干してある⇒つまり洗濯物が濡れている・・・

「オーマイガッ!!」

そう叫んで洗濯物に触ると、湿ってる・・・。

リビングに行き、言いたくないが、しかし言わずには言えないセリフ。
「ねぇ、外では雨が降っているのにどうしてとりこんでくれていないわけ?」

責めているつもりはないんです、いえ、実は少し(とっても!?)責めているかな。

どうして、外は雨なのに、洗濯物に気が回らないの?

「あれ?まだ取り込んでいなかったっけ?ごめんごめん!」
以上!でした・・。

女性はすぐ昔のことを引っ張り出す習性があります。

家の電話がなっていた時、私は洗濯物をベランダで干していました。
夫はリビングで新聞を読んでいる。

「おーい、ミエポン、電話だよー!」

っと別の部屋のベランダで干している私に大声で教えてくれる。

どうして?あなたが電話機のあるリビングにいるよね?
なぜあなたが電話をとらない??

そう訊くと
「だって家にかかってくる電話で僕宛のものはないでしょ?だから僕は出ても意味ないじゃん」

そうなんでしょうか?
電話にとりあえず出てくれて、私にとりついでくれたらいいのでは?

男性は「家の仕事は僕の仕事ではない」
と思っていませんかね?

我が家では
「家の仕事はママの仕事。僕たちは手出ししない方がいい」
と思っているかのような態度・・・。

しかし、カウンセリングの電話をかけて来てくれる男性陣は皆揃って
「どこまで妻のことに手出しをしたらいいのか、わからないのです。」
とおっしゃいます。

彼らは善意で奥さまの領域に手出しをしていないようなのです。
俺は面倒だから、お前が全部やれ!
と言われているように感じていた私には驚きなお話でした。

男女で、どうやら食い違いがあるようです。
女性はもっと
「こうしてくれたら助かるよ!これやって!」
っと言ってOKのようですよ。
っというか、言わないと一向に伝わらないようです。

今日もブログを読んでくださりありがとうございます。
良い一日になりますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる