そのままのあなたでいいんだよ~あなたが前進するための魔法の言葉です~

そのまんまのあなたでいい、という言葉。成長しない自分になるのでは?と思っちゃうかな?
今日はそんな自分に厳しくしちゃってる、がんばりやさんのあなたに送るブログです。

例えばの話。

もっと痩せたら綺麗になれる。5KG痩せたら素敵になれるのに、、。

女性だったら一度は思うダイエットへの意気込み。
私も毎朝体重計に乗り、「おかしい!あんなにフィールサイクル(暗闇バイクフィットネスジムのこと)で汗を大量にかいて運動しているのに、体重が減ってないじゃん!!」っと数字に落胆する日々、、。

まぁ毎晩チューハイやビールは飲む、炭水化物だーい好き☆じゃあ痩せるわけがない、、かなぁ。(滝汗)
(実は脂肪から筋肉に変わってきて、体重が落ちていないのです~。体脂肪率はやはり落ちてきましたよ~)

2019-12-19_101242

こんにちは!カウンセリングサービスの沼田みえ子です。
いつもブログを読んで頂きまして、ありがとうございます。

● 自己嫌悪はあなたの心をグーパンチ!

5キロ痩せられたらな~。(溜息)
そんな気持ちって思ったこと、あるかもしれません。

5キロ痩せたあなたと今のあなたとの間に横たわる感情、いったい何だと思いますか?

それは「自己嫌悪」です。
こんな私なんて大嫌い!という思い。自分が嫌い!という思いです。

この気持ちは無意識で感じることが多く、知らず知らずのうちに心が疲れて行きます。
心が疲れるとどうなるか?

どーせ私には無理
どーせ私には彼氏なんか出来っこない
どーせ私には幸せになれっこない
どーせ、どーせ、、

という気持ちになり、せの世界から距離をとろうと自らしちゃうのですよ、、。

でもね、確かに5KG痩せたら、
「腰にくびれが出来て、もっとかっこよくファッションが楽しめる」
「確かに二重顎が解消できて、小顔になれる」
という現実は手に入るのですよね。

だからダイエットに興味を持つことは、全然悪いことじゃない。

ノウハウ、ここでは運動したり、炭水化物を減らしてタンパク質や繊維質を多くとる、といったことを実行することは意味のあること。

でも、それを実行するためには「心のエネルギー」は絶対に必要なんです。
行動を継続するための「心の元気」は絶対に大切。
なぜなら人の行動には必ず「感情」がかかわってくるから。

この感情をいい状態にするために「自己嫌悪」は最もいらない感情。
そして必要なのは「そのままのあなたでいいんだよ」という気持ちです。

『は?(((( ;゚д゚)))5KG痩せてない私に満足してたら、ダイエットしようなんて思えないじゃん!!』

はい、その通りのようだけど、ちょっと違うのです。

あなたの在り方が「そのままでいい」のですよ。

ダイエットに失敗したって、ついついポテチを一袋たいらげちゃって、体重が1KGふえちゃっても、あなたの存在価値は何ら変わっていない。

あなたの存在価値は、何があっても減らないんだよ。
それが今のあなた、そのままでいいってこと。

この気持ちがある人は、チャレンジが怖くなくなります。
失敗しても「自分が悪いのではなく、やり方が悪かったんだ」と思えるのですよ。

だから「5キロ痩せるぞ!えいえいおーっ!」という勢いで行動が実際にとれるので、欲しい現実が手に入るのです。

● 国語のテストが8点だった息子
2019-12-19_101850

私達家族は海外駐在生活を終え、息子は中学1年生の夏休みに、アメリカから日本に戻ってきました。
編入したその中学は、夏休み明けに「休み明けテスト」なるものがありました。

そこで息子は国語、8点という答案用紙を持って帰ってきました。
「これ、10点満点のテストだったの?」と私がきくと、
「ううん、100点満点だよ!」と答える息子。

「マジか!」w(゚o゚)w と驚く私。

でもこの時すでに心理学カウンセラーとして仕事をしていましたし、だからこそ「否定の言葉は百害あって一利なし」という事実を知っていました。

いや、母親としては「おいおい、これからダイジョーブか!?」と正直ちょっと(かなり!)心配ではありましたが、

「ま、8点分は正解したってことだ!頑張ったね~」と伝えたことは覚えています。(うーん、顔が引きつっていたかも??)

翌年中学2年では確か休み明けテスト、国語23点だったことを覚えています。その時の担任の先生との3者面談の帰り道で、
「ひとケタからふたケタになれたってことで、僕結構頑張ったよねー」と言ってた息子を思い出します。

8点があまりにショーゲキだったので、「23点とは奇跡の復活劇じゃの」と答えた記憶があります。

この学校は中高一貫校なので、まぁ高校3年生の大学受験までに何とかなればいいだろう、、くらいに私も思いましたし、何より「8点の僕はダメだ」という自己嫌悪感こそが大敵!!と心理学を知れば知る程感じていました。

ビックリなのですがそんな彼も高校生になってからは、「成績トップチーム」の仲間入りを果たせるようになりました。平均点ではなく、最高点は何点か?を気にするところにやってきました。
逆転ホームランの心境です、、。

そんな出来事からも否定をしない、「そのままのあなたでいいんだよ」というメッセージを持って接する大切さを日々の日常で感じさせてもらっています。

● だからカウンセリングではこの点を重視する
2019-12-06_093215

多くの人は「私は何をしたら幸せになれるのか?」と考えると思うのです。

心の離れてしまった彼をもう一度振り向かせるためには、どうしたらいいのか?
婚活で素敵なパートナーに出会うためにはどうしたらいいのか?
好きな仕事で稼ぐためにはどうしたらいいのか?
生きづらさを解消するためにはどうしたらいいのか?

今の自分じゃない自分に生まれ変わりたい、、。
そう思うかもしれません。

新しいあなたに、もしもなりたいと思うのなら、
「今のあなたで充分なんだよ。そのままのあなたでいいんだよ」
と私はまず、お伝えしたいです。
そう思うことが、あなたの足かせにはならないから安心してください。むしろ逆。逆なんですよーっ!!

あなたはそのまんまで素敵なんですよ。
それをわかってもらったうえで、じゃあもっとあなたが幸せになるために何ができるのか?を一緒に考えていくほうが、あなたは確実に幸せにもっともっと近づけるのですよ。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。だからこそ自分を責めないでください。

面談カウンセリングルームでお待ちしていますね。

直近面談カウンセリング予約可能枠
12/21(土) 10時 16時 19時
12/22(日) 10時 13時 16時 19時
12/29(日) 10時 

12月&1月のカウンセリング面談と電話の全体スケジュール⇒こちら

土日は早くに面談ルームが満室になりますので、週末のご予約はお早めに。

    

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる