【沼田X森川ぶっちゃけトーク恋愛あるある対談(38)】女性が怒っている時のホントの気持ち、男性のみなさん知っていますか?

森川カウンセラーと不定期にお届けしている、男女の考え方がこんなにも
違うんだよ!というリアルトーク、「恋愛男女あるある対談」。

今日はその38回目。
今回から連続5日間は、「あるある対談For Men」として、男性からの「これがわからん女性心理!」
についてお届けいますよ~。


それぞれの記事の最後に私、沼田や相方の森川カウンセラーの見解や感想なども書いていますので、さらに男女の違いの理解を深めてくださいね。

森川カウンセラーの記事⇒こちらをクリック 
森 「みえこさん、今日は僕が司会進行です。さぁなぜでしょう?」
沼 「なぜでしょう?」
森 「それは、、ついに男性からの質問が来たからです!」
沼森 (≧≦) ん、(
森 「いやー、男性は誰も読んでいないと思っていた、このあるある対談についに!!来ましたよーっ!」
沼 「うぅ~、泣ける!」(;´Д`)
森 「みえ子先生~、どうなされました?(笑)」
沼 「だってちょーー無価値感入っていたから!誰も女性心理に興味ない?って。どーせどーせ私は、、って(笑)」
森 「メールもらえて、本当に良かったよね。しかも、今週は『沼田×森川スペシャルウィーク!』と題して、月曜から金曜まで毎日アップします!
沼 「がんばるぞ~!」(`・ω・´)
森 「うんうん。では、早速読んでいくね」
沼 「どうぞ~」
森 『女性の理論に対応ができません。 話し合い(というか、説教)の時に切り返しの言葉が思い浮かばず、黙っていると 「なんで黙っているわけ?」と怒られます。 

何か意見を言うと、 「言い訳言うな」と怒られます。 
謝っても、 「謝ればいいと思っているわけ?」と怒られます。。 

こういうことが繰り返し起こると、何を言っても聞く耳を持たない? と感じてしまうので話すこと自体がいやになってしまいます。 
こういうとき、女性は何を求めているのでしょうか。 なんと言ってあげたらよいのでしょうか。 
対応方法がわかりませ~ん
あるある悩む
そっか~、なるほど。みえ子先生、いかがでしょうか?」
沼 「女性の理論って、つまり、、
話し合いをしていて、男性が黙ると『なんで黙っているの?』と怒られる。
意見を言えば、『言い訳するな!』と怒られる。
謝れば『謝ればいいと思ってるのか!』と怒られる。
 
そういう話ね?」
森 「そうだね。どの道を進んでも地獄な感じがいいね(笑)」
沼 「あのね、女性側としては『私の気持ちをわかって欲しい!』という気持ちがあるのよ。
だから『あ~、この人わかってくれた!』と感じられるまでは、すべての言葉を跳ね返すと思う。」
森 「なるほど」
 「だから、あなたの意見を聞きたいわけじゃないの」
森 「そうなんだね。そしたらね、女性が説教しているということは、怒っているということなのかな?」
沼 「そう、怒っているのよ。だから、『そんなに怒らせちゃったんだね。』『君はそんな風に思っていたんだね。』って私の気持ちをわかって欲しいわけさ。」
森 「ここで変に謝ると『なんで謝っているのよ!』って怒らせちゃう時、あるよね?」
沼 「うん、この場を何とか取り繕うためにとりあえず謝ろう!という意図が女性側には見え見えなのよ。あ~、この人逃げるために謝っているんだな?ってわかっちゃうの。」
森 「だから、謝るよりもまずは理解する姿勢を持つことが大事だと、、」
沼 「そうそう~!『あ~、君はそんな風に感じていたんだね?』って。わかってくれたら楽になるのよ。『あ~!この人わかってくれた!』って安心するの。理論で色々説明するのは、とにかく私の気持ちをわかって欲しいから、なのよ。
森 「なるほど~、めちゃくちゃ分かりやすい説明だね。そのことが理解できると、男性側も少しラクなるかも」
沼 「男性は女性が怒っている時にどうしていいのかわからないから、とにかくこの場を何とかしなきゃ!って思うわけね?」
森 「そう、男性はなんとかしなきゃ!か逃げるかのどちらかになるパターンが多いと思う。」
沼 「あ~、謝るのは逃げるだよね?」
森 「確かに逃げかもしれない。男性がすぐ謝るときは、反省して謝っている部分もあるけど、同時にこの大火事をなんとか鎮火せねばっていう思うもある気がするな~」
沼 「あんたたちは鎮火させるために謝ってるわけ~!(怒)」ヽ(#`Д´)ノ
みえぽん陽介2
森 「い、いや、それだけじゃないです(汗)
でも、そのタイミングで謝ると、鎮火どころかガソリンを注いでいる結果になっているんだよね?」
沼 「そう!『鎮火させようとしてんじゃね~よぉ!』みたいな。『この火を丸ごと受け止めろ~!!』という気持ちなわけさ。」
森 「炎の中に入っていく勇気ですか?」
沼 「そうよ、入ってきないさいよ!(笑)」
森 「く~、あち~ぜ(笑)炎の中では、自分の意見を言うわけではなくて、共感することが大事なのかな?」
沼 「(身を乗り出して)そうそうそう。別に意見を言ってくれてもいいんだけれど、その前にこっちの気持ちをわかってよ!があるわけだ。」
森 「く~、炎の中から出たいぜ」
沼 「何出ようとしてんのよ!(笑)」
森 「やっぱりさ、共感できると男性はモテるのかな?」
沼 「あぁ、もう、モテるよ~!男性のクライアントさんで今婚活中の方には、まず女性の感情に共感さえしていたら第一関門突破だよ!って伝えてる。
『あ~、それは悲しかったね』『あ~、それはがっかりしちゃうよね』『あ~、それは嬉しかったよね』みたいな感じに。」
森 「確かに」
沼 「これ、オトコはなっかなかできないのよ!」
森 「うんうん、そうかもしれないね。カウンセリングで、女性のみなさんから、男性が女性の気持ちをわかろうとしないっていう不満はすげー聞くな~」
沼 「そう、だからわかってくれるまで火を吐き続けるのよ。」
森 「そっか、そりゃそうなるしかないよね。ん~、反省してきた。」
沼 「そうでしょ。それが女心なの。わかってくれて、ありがとう!」
森 「いや、こっちこそ、ありがとうな気持ちになってきた。みえ子先生、今日はめちゃくちゃ勉強になりました。ありがとう!」
 
====
 私、沼田みえぽんからの追記解説です。

今日から始まりました「オンナのここがわからん!」シリーズ。
何をしても怒られる男性、きっと少なくはないと思います。(心中お察しします!)

それは男性はすぐに何をすべきか、解決方法を探そうとしちゃうから、も理由の一つ。
ただただ「私の気持ちをわかって!」それだけなんです、女ゴコロは!

ご質問も敢えて太文字にしましたが、
「なんと言ってあげたらよいのでしょうか?」とこの方は表現しています。

「なんと言えば良いのでしょうか?」ではないんですよね。小さな違いですが、とっても意味のあることです。
(こんな些細な部分からも、心理を読むのがカウンセラーですわい!(`・∀・´)エッヘン!!)

「男性は大切な女性のお役に立ちたいのだ」と散々森川カウンセラーが伝えてきていましたね?
あれは、森川カウンセラーがええかっこしいを演じて、女性の読者やお客様を虜にしようともくろんでいたわけではなく(笑)、男性本心そのものなのですね。

今回、男性からのご質問を元に対談することで、また今までとは違う角度から男性の本音、例えば女性のこの行動にとまどうのか~!や、この行動で傷つくのか~!を知ることができ、本当に有意義な対談を5日間分することができました。

そんな意味では女性にも発見があり、男性には女性はここを求めているのか!!がとても分かる対談になってくるかと思います。

今週は毎日月~金までスペシャルウイークとして「あるある対談For Men」を毎日12時にアップしますから、是非お見逃しなく!

「私の彼の態度、意味わからない!」「オトコってなんでこんな対応!?」そんな疑問を持つ愛すべき女子の皆さん!是非わが強力な助っ人、森川カウンセラーに「陽介先生、教えて教えて♡」とご質問をお寄せください!⇒ご質問フォームはこちら

そして、わが勇者、愛する男子たち!是非「みえ子先生、教えて下さ~い♡」までご質問ジャンジャンお寄せください!
きっとあなたのためになる記事をお届けできますし、あなた方同胞のためにもなりますよ!⇒ご質問フォームはこちら   

どちらも問い合わせジャンルは、「カウンセラーへのメッセージ」を選択してくださいね~。

今まで以上に大きな会場に変更しましたが、すでにお席半分が埋まりました!申し込みをしてくれた方々、ありがとうございます!
過去開催した講座全て満席となった大人気のスペシャルコラボワークショップが、さらにパワーアップして戻ってきます!

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART3  

<オンナの幸せをぜ~んぶ手に入れる!前編> 
「あなたの魅力を思いっきり開花させる♡」

>>講座の詳細はこちら<<
お申込はこちらをクリック

20181110Numata_Morikawa6h_twitter

日時:2018年11月10日(土)13:30~19:30
会場:東京渋谷 TKP渋谷カンファレンスセンター 10B 
交通:JR渋谷駅東口徒歩3分、東京メトロ銀座線渋谷駅徒歩3分、東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急東横線、東急田園都市線渋谷駅15番出口徒歩3分 ⇒MAP
料金:10800円(税込)

講師:沼田みえ子&森川陽介 

この5月のコラボワークショップにゲストで参加してくれた樋掛カウンセラーが男性目線でわかりやすく講座内容を書いてくれています。「沼田&森川カウンセラーのワークショップ、2か月前から予約が取れない講座の秘密とは!?」

>>お申込みフォームはこちら<<

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる