若さを保つにはどうしたらいいんだろう?

今日は急遽、次男のパスポートが切れていることがわかり、有楽町まで朝の
通勤ラッシュにもみくちゃにされながら申請しに行ってきました。

首都圏のの通勤ラッシュはもう「ざ、競争社会」です。
満員すぎてホームの乗客が乗り切れない山手線を1本見送り、乗り込むと同時に微妙な隙間を見つけてそこに体を何とか収める。

つり革の争奪戦もすごく、私は慣れていないせいかGETできず、脚を踏ん張り何とか倒れないように
していました。

このラッシュの電車に毎朝乗っている夫には感謝だな~としみじみと感じました。
このブログを読んでくださっている方の中にも、毎日このような混み混みの電車に揺られている
方も多いと思います。
本当に皆さん、頑張っていらっしゃるんだな~と感じます。

実は若さを保つのに大切要素は、

ストレスをためない事、
女性ホルモンを意識すること、
運動や楽しいこと好きなことをして幸せホルモンを意識すること、
人の悪口を言わない事、

かな~と思っております。

なので、例えばこの通勤ラッシュ、、。
ヒーリング音楽を聴きながら乗られるといいんじゃないかな~と思います。

ストレスを感じると活性酵素が細胞に貯まりやすい
んだとか、、。
この活性酵素は細胞を傷つけるので、本当に若さの大敵だと思います。

女性ホルモンを活性化させるには、ホント、恋愛感情が一番なんですよね。
ドキドキする気持ち、これが一番です。
大きな声では言えませんが、一人エッチも大切ですよ~☆

人の悪口は、ホント、言わないに越したことはありません。
なぜなら潜在意識は「主語」を区別せず「あの人最低~」という部分の「最低~」だけを
潜在意識に落とし込むの
で、私たちが悪口など不満の部分のみ、どんどん自分の中に溜まっていくんですよ。

なので悪口ばっかり言っている方は「老け顔」が多い気がします。

そんな私も今月50歳になります。
子供のころは50歳っておばあちゃんのイメージでした。
日々おばあちゃんを先延ばししたく、上記のこと、めっちゃ意識している今日この頃です。
DSC_0008

先日面談ルームに「沼田さん、もうすぐお誕生日ですよね~」と差し入れを持ってきてくださった方がいました~。真珠のようなキャンディーでした。素敵☆
ありがとうございました。
この記事見て、「え?手ぶらじゃダメ?」と焦らないでくださいね。
このようなお土産を頂くことは、滅多にありませんから。あなたの大切な癒すための心だけお持ちくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる