【沼田X森川ぶっちゃけトーク恋愛あるある対談(27)】「褒めたり感謝を伝えるとむしろ不機嫌になる男性、どうしたらいい?その1」

森川カウンセラーと不定期にお届けしている、男女の考え方がこんなにも
違うんだよ!というリアルトーク、「恋愛男女あるある対談」。

今日はその27回目。


それぞれの記事の最後に私、沼田や相方の森川カウンセラーの見解や感想なども
書いていますので、さらに男女の違いの理解を深めてくださいね。

森川カウンセラーの記事⇒こちらをクリック

2017-08-03_105404

沼田(以下沼)「陽ちゃん、今日もよろしくお願いします!」

森川(以下森)「よろしくお願いします!」
「ついにコラボワークショップの受付が今週の火曜からはじまったね〜。」
「すごいね。」
「ん?すごいって何が?」
「受付始まってから、いきなり事務所から参加予定のみなさんからのメッセージがいっぱい届いて!」
「あ~そうそう、私もびっくりした。」
「嬉しかったな〜。」
「ホントにありがたいよね。」
「また、みんなと会えるのも楽しみだし。」
「そうだね、またみんなと会えるの本当に楽しみだよね。」
「もしかしたら、新しい人も来てくれるかもしれないしね。」
「既に『初参加です!5月が今から楽しみです。』というメッセージが来ているので、新しい人も結構いると思うよ。」
「新しい企画も用意してあるし。」
「今回もなかなか面白いよね〜(笑)」
「普通の心理学ワークショップっぽくないね(笑)」
「そもそも『あるある対談レクチャー』自体が今までの心理学ワークショップの枠からちょっと外れてるから。(笑)
あと、会場がかなり広くなったのがいいよね。」
「そうだね。あの会場に人がいっぱい来たらって考えたら、ワクワクして吐きそうになる。」
「もぉ~、陽ちゃん、吐きそうってどういう反応よ?(笑)
でも、ホントにあの会場にたくさんの人が来たらお祭りのエネルギーだよね。」
「うん、まさにお祭りだと思う。いや〜、楽しみだな〜。」
「楽しみだね〜。よし、陽ちゃん、では対談にいきましょうか!」
「うん、始めよう!」
陽介先生、教えて教えて♡のコーナーにまた質問がきているのね。」
※(注)コーナーのご説明
男性の皆さん、僕たちにはさっぱりわからん(?)女性心理を知って
もっとより良いパートナーシップを築きませんか?
女性心理についての質問は、『みえ子先生、教えて下さ~い♡』
のコーナー
まで、こちらからメールを下さい。⇒お問い合わせフォーム

男性心理を知りたい女性の皆さんは、『陽介先生、教えて教えて♡』
のコーナーまで、こちらからメールを下さいね。⇒お問い合わせフォーム


どちらのお問い合わせフォームもジャンルは「カウンセラーへのメッセージ」を
選んでくださいね。
「お、嬉しいね〜。あれ、どうしたの?」
『みえ子先生、教えて下さ〜い♡』のコーナーには全然来ない…」
「!?(笑)」
「やっぱりタイトルが変なんだよ!陽ちゃんがなんだかエッチっぽいタイトルをつけたからかも、、。(´;ω;`)ウゥゥ」
「違う違う(笑)ほら、男性はシャイだから。
男性のみなさん、こんな女性心理を知りたいっていう質問は、『みえ子先生、教えて下さ〜い♡』のコーナーでお待ちしておりますよ〜。じゃあ気を取り直して、始めようか!(笑)」
「わかったわよ〜。今回はね、こんなご質問をいただいています。
”いつも対談楽しみにしています!
男性心理について質問です。
これまでのブログからもいかに男性を褒めてあげられるかがキーである!
という学びは得たものの、実際に夫に対して実践すると
(仕事でこんなことができてるのってすごいよね!とか今日のごはんおいしい!とか)
「別に、それくらい普通でしょ」とむしろ不機嫌になってしまいます。
家事や育児に対してありがとうと言っても無視されることも多く、一度意を決してなぜなのか聞いてみたところ「やって当然のことに対してありがとうと言う意味がわからない」
と言われてしまいました。
(なので当然私が家事育児をがんばってもお礼やお褒めの言葉はありません)
「褒めたりお礼を伝えたら喜んで欲しい」というのも私のニーズだということは理解していても、どうしてももやもやします。
受け取りベタなってしまうのは恥ずかしがりなのか自己肯定感が低いのか…
感情をほとんど表に出さない人なので本当に何を考えているのかわかりません。
このような相手に対して効果的な褒め方・お礼の伝え方や、
根っこにある男性心理について対談やブログでレクチャーして頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。”
という訳なんだけど、陽ちゃんどうかな?」
「まあ、確かにいるよね、このタイプの男性。
「まず、なんでこのご主人は反応がないのかな?褒められても嬉しくないの?」
「ん〜、嬉しいとか嬉しくないじゃなくて、嬉しいという感情に触れたくないって感じかな。」
「はぁ!?(笑)また触れたくないシリーズなの?」
「うん、感情に触れたくない男シリーズ(笑)」
「今までの対談でネガティブな感情、悲しいとか辛いに触れたくない男性心理について話したことはあったけれど、嬉しいに触れたくないのはどうして?」
「そうだね〜、このタイプはとにかく感情に触れたくないんだよね。嬉しいも悲しいも全部。」
「え〜、嬉しいも、なの!?なんで?」
感情的になってはいけないという考えが根底にあるから。
淡々とするのが正しいという思いがあるからかな。
例えばさ、お相撲さんがね、相手に勝っても喜んじゃいけないみたいなのあるじゃん。
あんな感じかな。」
「確かに、あの時に『イエーイ!』っというのはあんまりないよね。」
「そうそう。絶対に感情に触れないようにする。超自立のパターン。」
「じゃあさ、褒めたら不機嫌って書いてあるじゃない。『それぐらい普通でしょ』って。
それって、本心から褒められたくないってこと?」
「ん〜、それは褒められて嬉しい気持ちが上がってくると、不機嫌のエネルギーでムリヤリ抑え込むしかないから。」
「え〜っ!?\(◎o◎)/!じゃあ、どう接すればいいのよ、女性は?」
「ん〜、まず、不機嫌になったってことは、ご主人の心に嬉しいって気持ちが上がってきたって考えてみてもいいのかもね。私が彼に拒否されたって思うのではなくてね。
「じゃあね、もしも、それにもめげずに褒め続けたらどうなるの?」
「キレるだろうね。」
「げっ!!(◎_◎;) キレるんだ?」
「うん、キレるぐらいのエネルギーで感情を抑え込まないといけなくなるから。
『おまえはうるせ〜な〜!』って。」
「でも、そう言われたらへこむなぁ。」
「へこむよね。」
「キレられたら、もう褒めることができなくなっちゃうと思うのよね。」
「そうだよね。」
「ねぇ、だったらどうすればいいの?」
「そうだな〜、これはなかなか難しいよね。」
次回(明日の記事)、この難問について2人のカウンセラーが真剣に答えを探します!
====

私、沼田みえぽんからの追記解説です。

恋愛サイトにはよく
「男性には感謝と承認を伝えるとよい」と書かれていることがほとんどですが、
必ずしも全員に当てはまるわけではなさそうです。

がっ!!

やはり、ほめられると「嬉しい」のは確か、なんですよね。
たとえ態度は嬉しそうじゃないとしても。

明日の続き記事にチラッと出てきますが、私はこの「キレられるかも!?」
という男性にもおそらくあっけらかーーんっと褒めちゃうと思うんです。

えーえー、心の中で何を感じているのかがわかるので、怖くないんですよ。
態度では彼は怒っているんですけれどね(笑)

明日の続き記事を是非お楽しみに~☆

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART2  
「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」

2018-03-05_164503

第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間
日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介

>>講座の詳細はこちら<<
>>お申し込みはこちら<<

第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介

>>講座の詳細はこちら<<
>>お申し込みはこちら<<

🎧大人気の沼田X森川ワークショップのあるある対談レクチャーが音源になりました。

恋愛カウンセラーが解説!「男女心理の違い」~ぶっちゃけ恋愛あるある対談~
>>音源の詳細はこちらから<<

2018-01-15_081259


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる