【沼田X森川ぶっちゃけトーク恋愛あるある対談(17)】なぜ彼は私を友達に会わせてくれないの?

森川カウンセラーと不定期にお届けしている、男女の考え方がこんなにも
違うんだよ!というリアルトーク、「恋愛男女あるある対談」。

今日はその17回目。

沼田(以下沼) 「前回の続きなんだけれど、結婚のイメージは

男性にとっては「責任を負う」イメージが強くて、ハードルが高い感じが
するのよね?」
森川(森) 「男は責任が付きまとうイメージがあるからね」
沼 「このイメージは変えられないのかしら?」
森 「年齢を重ねていったり、環境的に周りが結婚しだすと変わっていくところはあるね」
沼 「なるほど」

2017-08-03_105404

森 「特に結婚して、子供もいるのに楽しそうにしている男性を見ると

本当に意識は変わると思う。」
沼 「お~、良いこときいた!(にやり)
じゃあね、自分の結婚している女友達のとても上手くいってるご夫婦、
まあいたらお子様もね、そんな家族に彼の気持ちを結婚に向けるために
会わせよう!と策略練って、会わせようと計画する。
 
この策略の真意を知ったら、ドン引きするの、男性は?」
森 「ん~、それ以前に、彼女の友達に会いたくないかな
沼 「はぁ~?なぜ?」
森 「なんだか品定めされる気がするから」
沼 「へぇ~!?じゃあ彼女に『今度私の友達に紹介するね!』といわれたら
絶対嫌だって思ったの?」
森 「オレは絶対嫌だったな~」
沼 「え?俺は特A級だとは思っていないの?」
森 「思わないよ!えっ!?逆は?男側の友達に会わされるって
嫌じゃなかった?」
沼 ううん、逆だな。彼の友達に紹介されるの、ものすごくうれしかったよ。
オレの彼女って認めてもらえた感じがするし。
森 「オレは逆に彼女を友達に会わせたくなかった。
なぜなら、オレが彼女の友達に会いたくなかったから。
だからきっと彼女も嫌だろうな~って思ったし。」
沼 「えぇ!?そうなの?
私はやっぱり公に公認の仲になりました!あなたは彼女として、
公に認められました!って認定マークのハンコをポンって押された
感じがしたけれどな。」
森 「そんなに彼の友達に紹介されるの、うれしいものなの?」
沼 「うれしいよ~!逆に誰にも紹介してくれなかったら、私は日陰な存在?
と悲しくなると思う。
私なんか近しい友達に会わせたくないんだ、って悲しくなるよ。
自信も失うよ。どうして彼女を自分の友達に会わせたくないの?」
森 「なんかね、恥ずかしいんだよ。
前に話したお母さんと一緒にいるのを見られたくないっていうのにちょっと
似てる感情かな。
(※前に話したお母さんの詳細はこの対談です⇒記事はこちら)」
沼 「お母さんが自分の甘えんぼのシンボルに繋がるから、
恥ずかしいのは理解できる。でもなんで彼女が恥ずかしい存在なの?」
森 「う~ん、弱みを握られる感じがするから。」
沼 「なんで彼女が弱みなのよ!?意味が分からない!」
森 「男同士ってふざけてバカにしあうわけよ。その時にバカにされる
ネタが増える気がするのよ」
沼 「え~~!?\(◎o◎)/!彼女はバカにされるネタなの?」
森 「ちがうちがう!(笑)『おまえ、めっちゃ恋してんな!』
って男友達から突っ込まれる気がするの。」
沼 「ん~?恋って男にとっては、ダサい事なの?」
森 「男同士はそんなとこがあるのよ。」
沼 「『お前が恋かよ?はぁ~?キャラじゃねぇよ?』ってな感じに思われるわけね?」
森 「バカでふざけてじゃれ合って、、ものすごーーく成熟していなかった
と思います、ワタクシは、ニンゲンとして。(しみじみ)φ(.. )」
沼 「急にワタクシ、ですか、(笑)いや、なんかね、それわかる。
次男坊が中3なんだけれど、クラスで付き合ってる子たちに
『へぇ、お前らリア充なんだ~。はい、おつ~!(なに付き合ってるんだよお!)』
と、なんかいじるんだって。本当はうらやましいくせにね。
だからそういうのが面倒だから、オレは付き合わないって真顔で宣言していた(笑)」
森 「あ、すっごいわかる。好きな気持ちってさ、いくつになっても恥ずかしいのよ。
その1番柔らかい感情を知られるのが嫌なんだよね」
沼 「女性はその1番柔らかいところを知ってほしいのよね」
まだまだあるある対談続きますよ~!
次回は皆様から頂いた質問にお答えする対談の予定です。

🎧以下の大人気の沼田X森川ワークショップのあるある対談レクチャーが音源になりました。

恋愛カウンセラーが解説!「男女心理の違い」~ぶっちゃけ恋愛あるある対談~
>>音源の詳細はこちらから<<

2018-01-15_081259

私たちの対談レクチャー満載のコラボワークショップもよろしくお願いいたします。
    ↓                        ↓

20171029Numata_Morikawa2

 沼田&森川スペシャルコラボワークショップ 

◆第1部 「恋愛カウンセラーがみつけた、恋愛上手な女性が実践している3つのこと」
日時: 2017/10/29(日)13:30~17:30
会場: 機械工具会館3F 
交通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金: 5400円 (昼夜2部通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師: 沼田みえ子&森川陽介

>>お申し込みはこちら<<
>>詳しい講座内容はこちら<<

お陰様で昼、夜の部共にこの講座は満席となりました。
キャンセル待ちエントリーの方は、下記のキャンセル待ちフォームで
キャンセル待ちをお申し込みくださいませ。
お席ができ次第、個別にてご連絡差し上げます。(2017/9/21 18:00)

>>キャンセル待ちフォーム<<

◆第2部 「女性の幸せをすべて手に入れる方法~ヒーローメーカーのよろこびを知る~」
日時:  2017/10/29(日) 18:30~ 20:30
会場: 機械工具会館3F 
交通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金: 3240円 (昼夜2部通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師: 沼田みえ子&森川陽介

>>お申し込みはこちら<<  
>>詳しい講座内容はこちら<<

お陰様で昼、夜の部共にこの講座は満席となりました。
キャンセル待ちエントリーの方は、下記のキャンセル待ちフォームで
キャンセル待ちをお申し込みくださいませ。
お席ができ次第、個別にてご連絡差し上げます。(2017/9/21 18:00)

>>キャンセル待ちフォーム<<

* 参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り同伴可能です。
* 妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。
  (詳しくは>>>こちらのページでご確認ください。)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる