”自分さえ我慢すれば”、が癖になっていませんか?【「恋と仕事の心理学」より】

「私さえ我慢すれば、とりあえず彼との仲は何とかなってる」
「私さえ我慢すれば、離婚は回避できる」

そんな、「自分さえ我慢すれば、、」という気持ち、
いつもいつもお持ちではありませんか?

隔週木曜日に執筆しております、アメブロの「もっとラブラブに」

本日UPの記事はこちらです。

 恋と仕事の心理学  

   

このようなことはありませんか?
彼が俺様な態度を取っているような気がする。
何をするにも、とにかく上から目線。
デートは彼が行きたいときには誘ってくるけれど、
こっちが行きたいと言っても、
一言
「無理だわ・・」
でおしまい。
でも私が彼の誘いを断ることは、嫌われちゃう気がして
絶対にできない。
私、都合のいい女?
でもいいの。
私が我慢すれば、とりあえず上手くいくから。
彼のいない日常はあり得ない。
絶対に別れたくないから。
我慢はもう慣れてるし。

※ ※

夫は毎晩仕事で帰宅が遅い。
だから週末はテレビにかじりついて、ゲームばかりやっている。
夫に本当は息子を公園で遊ばせてほしいのに。
 
 「ちょっとは息子を外に連れ出してよ
   何なのゲームばっかりで」ヽ(#`Д´)ノ
夫 「なんだよ
   俺は外で働いているんだ。
   育児はおまえの仕事だろう
   お前が外に連れて行けばいいじゃないか」(#`皿´)!
あー、私が我慢すればいいんだ。
でないと、すぐに喧嘩になっちゃうし。
今離婚されたら、小さい息子がいて大変だし。
とりあえず、結婚生活は我慢が大切。
我慢してれば、何とか今は切り抜けられるから。
   
日本の文化には「我慢が美徳」の考え方がありますよね。
戦時中には「贅沢は敵」という考え方もありました。
私たち親の世代が育った日本の環境は、
国全体が貧しく、皆が色々なことを我慢しなければならない時代でした。
なので、私たちの親は子供である私たちに
「我慢をさせることが大事」
と考え、我慢こそを良しとしてきました。
熱いお風呂に我慢して、100数えられるまで入っていると褒められる。
転んでひざをすりむいて、痛かったけれど泣かないと
「良く我慢出来て、偉いわね~」
と褒められる。
そんな経験から、私たちは
「我慢することを良し」
としてしまう心理パターンを作ってきたのではないかな・・と
思います
我慢をすることに「辛さ」を感じなければ、問題はありません。
 
けれども「辛さ」を感じた時、
「我慢することが無意識の習慣になっていないか?」
を立ち止まって考えてほしいのです。
そして今までは、「我慢することは得策だった(例えば親から褒められる)
けれど、辛いと感じているのならば、考え方を変える時かも、、?」
ととらえてみてはいかがでしょうか?
   
私のブログの検索ワードに多いのが
 
「女ばっかりが我慢」
「私ばかり我慢」
「我慢、疲れた」
といった言葉。
「我慢している自分、幸せではない
という感情を感じている人がとても多いようです。
大切なのは、
「無意識に我慢することを自分が選択しているかも?」
と自分の考え方の癖に気がつくこと。
本当は辛いと感じているのに
「自分さえ我慢すれば・・」
とパターン化された考えで「我慢」をしているのでは?
と気付くことなのです。
そして、もしも我慢することで「得することは何?」
と自分に問うて欲しいのです。
「我慢すれば、とりあえず彼氏持ちでいられる」
「我慢すれば、とりあえず夫がいるから生活費には困らない」
など・・でしょうか?
それを踏まえて、「あなたが幸せに感じること」を考えてみてください。
その幸せに感じることと、得することが合致しているかどうか?
その照らし合わせは大切です。
「どんな状況でも、私は心穏やかにいることが何よりも大事」
「私は本当は、自分の気持ちを理解してほしいと思っている」
そう気づかれて、別れを決断されたクライアントさまがいらっしゃいます。
現在はまだパートナーは見つけておられませんが、
生き生きと仕事をなさっています。
「私は我慢はもうたくさん!」
「一緒に協力し合える夫婦関係が欲しい」
そう気づかれて、夫婦改造計画に取り組んでおられるクライアントさまが
いらっしゃいます。
「我慢しないで、自分の気持ちを上手く伝える」
「上手なお願いの仕方を試してみる」
「どうして彼はゲームにそんなにはまるのだろう?と彼の世界を理解してみよう
とする」
などなど頑張られて、夫婦関係に少しずつ変化が生まれてきています。

    

「我慢をする」ということは、
きっと今までは、あなたを助ける手段だったのでしょう。
あなたの生きる方法だったのだと思います。
でも、そのことで
「パートナーシップで幸せ感が感じられない」
としたら。
「我慢を手放してみる」
ということを考えてみる時なのだと思いますよ。
我慢を手放すことは、もしかしたら怖いと感じるかもしれないですね。
今まで、そのやり方しか知らなかったわけですから。
私も4年ほど前までは「我慢すること」が心の癖でした。
けれども今だから思い返すとわかります。
「こんなに我慢しているのに!」
と怒りの感情が常に心の中にあったこと。
だからこそいつの日か怒りが爆発して、恋愛が上手くいかなくなること
が多かったこと。
今の夫には
「子供が巣立ったら離婚してやる!」
「夫の介護が必要になった時に棄ててやる!」
なんて、今考えたら自分でもどん引きしちゃうような感情を常に感じていて、
(オット~、ごめんよ~)・゚・(ノД`;)・゚・
お陰で当時、「毎日が幸せ~~☆」なんて全く思えていませんでした。
「我慢を手放せた世界」
は、本当に「愛」を沢山感じられる世界ですし、
幸せを感じられる世界ですよ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる