ハッピーストーリーが書けないのです!~拍手コメントから~

先日のブログ、「ハッピーストーリーを書く人達」に拍手コメントを頂きました。

最近自分があえて苦しい方、暗い方を選択しているのでは?と思ってきました。
でも明るい道、キラキラした道を選択するのはしんどく感じるのです。
もちろんハッピーストーリーを描きたいのですが想像しただけでもしんどく感じ
ます(;-;)どうしたら抜け出せるのでしょうか?

コメント寄せていただき、ありがとうございました。
この考えに共感出来る方、いらっしゃるかもしれません。
私は「そうだよね、わかるよ!」と実は思いました。

心理学を学んで知ったことがあります。
「幸せになることに怖れを感じる」と言うことが人にはあるらしいということ。

望んでいた人事異動をわざわざ断ったり、
想っていた彼との結婚に迷いが出たり。

「ええ?なんで皆幸せになりたいって思っているんじゃないの
はい、そうです。表面上はね。
ここで注目すべきは「自己嫌悪」。

自分はそんな上手く行く人生を歩めるはずがない。
だってそんなにすごい人間じゃないから。
ほどほどで結構。
人生生きるのが大変なのが普通なのだから。
幸せであるはずがない。

そんな考えが根底にあると、自分は幸せでないのが普通と思ってしまうんです。
もっと言うなれば、幸せなってはいけない!位に思うこともあるのだと思います。
皆幸せになりたいと思ってるのに。

なので、「自己嫌悪」を手放すことがとても大切なことらしいのです
けれども「どうせ自分なんか・・」とか、
「自分の人生は不幸であるものよ。」と人は思いがち。

人間ってそんな思考パターンがあるのだなって知るだけでも大きな一歩。
もしも、「人生はしょせん大変なもの、上手く行かないもの」
と思っていたら
「ちょっと待てよ
と思いなおしてみてください

なぜこう思うのかな
親がいつも言っていたから
でも本当にそうだろうか

そう思ってみてください。

本来人生は「大変なもの」ではありません。
幸せいっぱいであっても不思議ではないんです。
そこに疑問を持つと見方がかわります。

人生=苦労、
楽であるはずがない

誰が決めたこと

それはあなたが決めたことかもしれません。

ハッピーストーリー、書いている人は幸せになっていること、
私の元いた会社の同期を見て実感しています。

皆で幸せに感じる人生を作りませんか?
幸せであったほうが、きっと生きていて良かったと思えると思いますからね。

                  

もうひとつのエクササイズとして、出来事をハッピーストーリーに書きかえる、
ということもあげられます。
過去の大変だった時のこと、思いっきりハッピーなこととして書いてみてください。

「ドイツに住んでいた時のこと。
次男の泣き声がうるさいと、隣人から壁を叩かれ、夜中にドアチャイムを
ならされるなど嫌がらせを受けた。警察まで呼ばれてノイローゼになりそうだった。
もうあのドイツには2度と住みたくない
。」

          

ハッピーストーリーにすると・・・

「昔、ドイツに住んでいた時、次男の泣き声がとても元気で、隣人から
嫌がられた経験がある。それだけ次男が健康で元気な証拠だったわけだけれど、
ちょうど転勤で別のドイツの都市に引っ越すことになった時、今度の隣人は
「子供は泣くのが仕事。我々は気にしないよ。」
という言葉をかけてくれた。前回のいっけんで「最初に子供の泣き声について」
を挨拶の時に伝えたのが良かったのかもしれない。
良い教訓になった。ドイツ人の中には暖かい人も沢山いることがわかった。」

事実は同じことなのですが、とらえ方の問題でダークストーリーにも
ハッピーなものにも書けるんですね。

今でも電車やデパートで泣いている小さな子供に出会うと、あのドイツでの
出来ごとを思い出します。
そして、優しい目を向けちゃうかな。
「そうだよね、今は泣きたい気持ちなんだよね。
そしてママもどうしよう!?って思っているかもしれないな。
大変だよね、わかるよ~。」みたいに。
おかげで私もイライラを感じなくて済みます。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。
良い1日でありますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる