八方ふさがり突破に取り組んでくださり、ありがとうございました。~ワークショップのお礼です~

昨日私達のワークショップにお越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。

ワークショップ2時間の中で、私が一番にお伝えしたかったこと。
それは、「八方ふさがり感を感じてしまうこと自体は決して悪いことではない」ということ。

諦めや絶望感など苦しい感情を感じしまう状態ではありますが、
それは私達が「一生懸命頑張ってきた、真剣に状況を打破しようと取り組んできたからこそ
陥る状況である」いえるからです。

けれども、この状況を上手に乗り切っていくことが出来れば、その先には
問題を乗り切った達成感や、
もっと絆が深まったパートナーシップなどを手に入れることが出来ます。

私達はつい、
「誰かに頼るなんて、そんな弱い自分、さらけ出せない」
「他の人には私の辛さなんてわかってもらえない」
「他人なんて信用できない。頼れるのは自分だけ」
とどんどん自分自身を追い込んでいってしまいがち。

今回はワークショップだからこそ出来る、バディーワークやグループワークを中心とした
内容にいたしました。
それは参加してくださった皆様に「1人ではないのだ」「繋がりは助けになる」
と言うことを実感して頂きたかったからです。

私達の人生は多くの偶然(本当は必然で起こっているのですが)の出来事で成り立ってい
ます。

偶然同じクラスになった人。
たまたま入学した高校で出会った恩師。
偶然入った本屋さんで見つけた人生を変える本との出会い。
引っ越した先での新たなる出会い。

今回たまたまワークショップで同じグループになり、もらった
「4人の神様からのあなたに与えたいもの」。
それはきっと意味もなくもらったものではないと考えたら・・。
神様のような大いなる誰かがあなたに伝えたかったメッセージを、昨日のあのワークショップ
に引き寄せて、あなたに伝えたかったのかもしれません。

どうか今までのやり方をちょっと手放して、新しいやり方で試してみてください。

最後に。

このカウンセラーの仕事、どうしたらもっと納得のいくように出来るのか。
色々悩んでいる時に、遠く離れた関西から応援してくれていたカウンセラーが
おりました。
私が昨年アメブロの担当をさせて頂いた時、そして初めてフェスタで講演させて頂いた時。
おしみなくアドバイスをくれた大阪地区担当のカウンセラー、

鶴園みあカウンセラーです。

そして今回のワークショップの宣伝を大きく、ユーモアたっぷりでブログに掲載してくださいました。
お陰さまで沢山の方に足を運んで頂けました。(ありがとう!みあさん
そのユーモア満載の鶴園カウンセラーのブログはこちらです>>>

本当に人柄がとても表れている、素敵な(おもしろい!)ブログです。
鶴園さんは全身全霊で人様のことを応援する人で、
多くのクライアントさんに支持されているのも頷けます。

私のデッドゾーン打破!の為に力を沢山くださったカウンセラー。
「助けを求める」という行動は本当に大切だと、思い知らされた私です。

今日もブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。
皆さまにとって良い一日になりますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる