海外転勤のお知らせ、そして皆さまへお願い

※ 2015年8月に日本に戻ってきました。現在は日本在住です。

今日はクライアントの皆さま、そしてブログを読んでくださっている皆さまへ
お知らせがございます。

半年以上ずっと悩んできましたが、8月より夫のいるアメリカへ行くことに決めました。
私は昨年、夫からアメリカ行きの話を聞いてから、ずっと悩み続けました。

彼自身はアメリカで自分の実力を試してみたいと思っている。
私は日本での自分の仕事の継続を望んでいる。
実際、クライアントの方はほとんどが日本在住の方。
どう折り合いをつけたら良いのだろう?

夫は私の心情をよくわかってくれていたので、「僕は単身赴任で頑張るよ」
と言ってくれていました。
そんな訳で半年以上夫はアメリカ、家族は日本という生活を続けてきました。
けれども私の心はどこかすっきりしないものがありました。
アメブロでは「もっとラブラブに」の担当をさせていただいているのに、
実生活では夫とスカイプで話が出来るのは週末のわずかな時間だけ。
お互いに仕事があるので、時差もありすれ違いの日々でした。

夫は私の癒しだったんだな。
金曜の夜、家で夫とワインをあけながら
「あーでもない、こーでもない」と時間を気にせず話をする時間が大好きだったんだな。
長男は高校生で次男はもう少しで中学生。
家族4人で過ごせる時間はきっとこのアメリカが最後になるだろう。
家族がそろうのは今しかない。
もう後わずか3,4年しかないんだな。

アメリカ行きを決めた後は、子供達の学校がとんとん拍子で決まりました。
夫も段取り良く家族向けの物件を候補に出し、実際素敵な家が見つかりました。
赴任フライトも手配でき、どんどんと色々な事が決まって行きました。
この時、よくわかりました。

夫はずっと家族が来ることを実は心待ちにしていたということを。
ずっと家族で生活したかったということを。

私のブログは常に家族の日常を交えて、心理学はこんな風に使える・・・
という目線で書いてきました。

それは心理学はただ知識として知るよりも、
実生活で使えてなんぼ・・だと思っているからです。
心理学は皆さまが幸せになるために使えたら本当に最高のこと。

心理学を学んで、
「家族関係」が人の人格形成に多大なる影響を与えていること。
家族が社会生活のベースになっていること。
そんな思いと、何より私の元気の源は家族の笑顔であることが
実感としてあります。

最初は家族と仕事とどちらをとろうか?
と考えていましたが、
どちらも選択するにはどうしたらいいだろうか?
と考えるようになりました。

今は時代も進歩して、スカイプならば海外であっても通話料は無料で会話が
出来ます。
私自身が海外在住となりますので、クライアントの皆さまにはスカイプで
お話を伺わせていただくことにいたしました。
インターネット接続のできるパソコンやスマートフォンをお持ちでしたら
スカイプ通信は可能です。
スカイプのアカウントを開いて頂きましたら(これも無料で出来ます)通話は
すぐに可能です。

スカイプの申し込みはこちらから>>>>

ですが、待機枠は時差の関係から今までと一部変わってしまいます。
(13時、14時の枠は現地の真夜中にあたるので、なくなります。
その代わりに22時~深夜にかけての夜の枠が出来るようになります。
午前中の枠は残せそうです。)
また東京での面談カウンセリングは日本に一時帰国出来る6月~8月となります。

またネット環境の都合上スカイプが出来ないクライアントの方で、すでにカウンセリング
4回セットをご購入済みの方は、是非未消化分を7月末までにお使いいただけますと
嬉しく思います。
7月末までは日本におりますので、今まで通りお話を伺わせてください。

クライアントの皆さまのご理解をお願いするとともに、本当に感謝しております。

女性は色々な選択の道にぶつかります。
結婚するかしないか。
出産するかしないか。
夫の転勤についていくかいかないか。
仕事を続けるか辞めるか、等々・・・

今回の私の選択が正しいのかどうか、今は私にもわかりません。
単身赴任をパートナーにお願いをして、自分は目いっぱい仕事を続ける・・・
そんな選択もありなのでしょう。
けれども私は家族への想いが大きく、夫や子供達が一緒にいて基盤がしっかりできて、
初めて最高のカウンセリングが出来ると感じています。

きっと私のように選択の岐路に立たされることは、皆さまにも経験が
あったことでしょう。
そして人によって選ぶ道はまちまちです。

私のような選択をしたらどうなるのか?
どんな世界が待っているのか?
またこのブログでどんどんお伝えしていこうと思っています。

もしかしたら「行くんじゃなかった~」と後悔するかもしれません。
もしかしたら「アメリカに行ったのは、こんな理由があったからか!
やはり行って正解だった。プロセスは完璧だというのは本当だった!」
と笑顔で言っているかもしれません。

どんな結末なるのか、また今後もお付き合いください。

私の理想は、自分自身が幸せになる選択が出来、
こんなやり方が上手く行くみたいだよ~っと幸せのリーダーシップが取れたら、
説得力のあるカウンセリングが出来るかな、と感じています。
カウンセリングじゃなくてもいいのです。
ブログで「そうか~!」と皆さまに気付きを持っていただけたら、
それでも良いわけです。
こんな生き方はやっぱりダメだな。
こんな生き方が自分に合っているかも。
そんな自分の生き方の選択の材料の一つにしてみてください。
道は一つだけではないのですから。

一度しかない、今の人生。
幸せに感じる生き方、皆でこれからも模索していきましょう!

長文をお読みいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの幸せを心よりお祈りしております

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる