心を俯瞰する目を持つ~クライアント様からご感想を頂きました~

今回はクライアント様から送っていただいたご感想からの気付き
について、私のカウンセリングへの考え方を交えてお話させて
ください。

以下、昨日頂きましたご感想を原文のまま、ご紹介いたします。

            

沼田先生

本日も、カウンセリングありがとうございました。

なぜ、人を厳しく評価してしまうのか、なぜ、人との関係を
損得に置き換えてしまうのか、先生にお話しを聞いていた
だけることで、いらいらした心にフォーカスをあてることができ
ました。

誰にでもそうなのか?

いただいた質問をリフレインすることで、自身を受け入れて
くれる人とそうではない人との間に違いがあること、、、なぜ
違いがあるんだろうと、、、思いをはせました。

人に受け入れられたい、認められたい、もし、受け入れて
もらえなくても、相手が悪いわけでもなく、たぶん、自分が
そう悪いわけでもない、もっと人を大切にできたらいいなと
思っている自分自身の気持ちに気が付いたとき、いらいらして
いた気持ちはどこかにいっていました。

自身が傷つくのがこわかったのでしょうか、、、。

きっと、これまでとは違った人との接し方ができると思います。

苦痛なだけな毎日をすごしていたのに、気が付いたら、自身の
気持ちに気づくことができるようになっていて、、、あらためて
沼田先生はすごいなと思いました。

こころから感謝しています。

(ご本人様の承諾を得て掲載しております)

            

Tさん、本当にご丁寧なご感想をありがとうございました。

私のこと、すごいなと書いてくださって本当に嬉しく思いました。
しかしながら、本当にすごいのはこのTさんだと思うのです。

カウンセリングを受けようと思う時、クライアントさんの多くは
悲しい、苦しい、辛いなど感じたくはない感情に飲み込まれてしまい、
どうしたらいいのかわからない、という状況にあります。

感情に押しつぶされてしまって、どの道を進めばいいのか、
いえ、道さえ見えない!という状況であることが多々あります。

この時に、まず私がしていることは感じていらっしゃる感情をまず
受け止める・・・ということ。

その次に心を客観視できるような問いかけを色々な角度からいた
します。

感情であふれた心から、クライアントさんをヘリコプターですくい上げて、
一緒に上空から心を見てみる・・といったイメージが近いと思います。

このTさんは、ご自身で心を客観視してどんどん気持ちを掘り下げて行って
いることが、文章からおわかりになるかと思います。

ですので、Tさんはすごいな、と私が思ったわけです。
以前14日に書いたブログ「自分を支える心を育ててみましょう」にも
書きましたが、私のカウンセリングの最終ゴールは自分自身で歩ける力を、
自分自身を支える力を心の中に育てることだと思っています

そのお手伝いをすること、ヒントをお渡しすること。
それが私の役目かな、と。
問題の答えはクライアントさんご自身がちゃんと持っています。
乗り越える力もちゃんとお持ちです。

皆さまもどうかご自身の心の力を信頼してあげてくださいね。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。
良い一日になりますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる