幸せ感を増やすには

その昔、海外に住んでいた頃のお話。

日本に2年に1度帰国出来ていたのですが、その短い日本滞在では、
「あ~、肩まで熱いお風呂につかれる~。幸せだなぁ・・」
「こんなに色々な種類の菓子パンが食べられる!うれしい~
「日本語のテレビがこんなに見られる!ちょー幸せ

なんて大感激ばかりの毎日だったのに・・。

今日本に住むようになってからは、あのような幸せ感は感じなくなっていきました。

それはなぜか。

当たり前になったからです。

人間は悲しいかな、状況に慣れてしまう生き物。
慣れてしまえば、その状況は当たり前になり、その「当たり前」にむしろ「不満」
を感じることすらあります。

「日本って通勤ラッシュがひどすぎる」
「日本の夏ってべたべたして最悪。」
「日本の家ってなんでこんなに狭いんだろう。」

あんなに日本に恋焦がれていたのに。

お風呂に肩までつかることに「ありがたみ」も感じなくなっていたのです。

ではどうすればいいのでしょうか

それは今一度、「ありがとう探し」をしてみると良いかもしれません。

こうやって菓子パンをあれやこれやと選べることって、以前は出来なかったことだよなぁ。
今の状況に感謝だな。

子供達が今日も元気に学校に出かけて行った。
本当に感謝だな。

今日もこうしてブログを読んでくださる方がいる。
本当にありがたいな。

そう思うと、沢山の「ありがとう」に囲まれて自分が生きていることが実感できます。
実は「意外と幸せな状況なんじゃないだろうか。」と再認識出来るかもしれません。
幸せ感を多く感じた分だけ、きっと人は満たされた感覚を抱くのではないでしょうか。

今日は5月の爽やかなお天気の日。
きっとお洗濯ものはすっきりと乾き、おひさまの匂いがすることでしょう。
太陽さん、素敵な日差しをありがとう。(主婦なので、真っ先に空を見上げて感じました
梅雨のじめじめとした毎日を想うと、本当に今日の日差しに幸せ感を感じますよ。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。
皆さまにとって良い週末になりますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる