振り回される恋愛【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

隔週木曜にアメーバーブログ、「もっとラブラブに」を執筆しております。
その記事をこちらでも紹介させていただきますね。

今回の記事振り回される恋愛です。

恋と仕事の心理学


先週は家族でスキー&温泉旅行に行っておりました。

温泉でのんびりとスキーの疲れを癒していたとき、私の傍の若い女性2人組の
恋愛話が聞こえてきました。

「クリスマスイブの日に彼とデートしていたんだけど、最悪な一日だったんだ。

「え、どうしたの?」

「その日、予約したお店は地中海料理のお店だったの。でも彼が『今日の店はおま
えの友達がやっている、創作料理の店だろ?』と言ってきたから、『何度も言った
じゃん。今日は地中海料理の店だって。それに私のこと、”おまえ”って呼ぶの
やめてって何回も言ったよね?』と言い返したら、急に何も言わずに速足で
スタスタ先を行っちゃったの。私、急いで追いかけたんだけれど、そのうち見失っ
ちゃって。疲れてショッピングモールの椅子に腰かけていたら、携帯に彼から電話
が来て、『どこにいるんだよ!』って怒っているの。」

「それで?」

「で、彼が現れて、『何怒っているの?急にいなくなってびっくりしたよ。』
って言ったら『おまえがイライラしているんだろ?そんな奴の傍にいる気持ち、
考えてみろよ!』って急に言われて、私、はぁ??って思ったんだよね。
でも、言い返したらまたこじれそうだから、『そうか、ごめんね。』って言ったん
だけれど、最終的に彼、車で帰っちゃったんだ。私だけ取り残して。
その後、「ごめんね」ってメールしたけれど、もう3日も連絡ないの。」

「付き合う前には、もっと女性を大切にしてくれるような雰囲気だったのにね。」

「ほんと、こんなに変わると思わなかった。」

「まぁ、もう少し様子見て、連絡来なかったらもうおしまいにするしかないん
じゃない?」

「だよね。でも今回も1カ月ちょっとしか付き合えなかったし、いつも短いんだ
よねぇ・・。

               

これと似たような経験をされた方は結構多いかもしれないなぁ・・・と感じました。
実は、私もその昔、似たような経験をしたことがあるのです。
その当時は男性心理も今ほどわからず、何が起こったのかさっぱり分からず、
わからないまま恋が終了!ということもありました。

この彼の心境を見ていきましょう。
彼はわざわざ、彼女の心を乱したいのでしょうか?
いいえ、恐らくそうではないはず。

けれども、
「僕の気持ちはわかってよね?」
という心境にはあるはずなのです。

多くの人は
「自分の事はわかってよ
「全部わかってよ
「全部受け入れてよ
という気持ちを持っています。

これは男女問わず、年齢も問いません。

今回のこの女性側から見てみると、彼の行動はさっぱり理解できないものとして
うつりますが、人の行動には必ず感情が伴い、
必ず「ほ~、そういう訳だったのか。」
という、行動動機が伴います。

彼もきっと、彼女と素敵なクリスマスイブを過ごしたかったはず。
でも、
「何度も言ったじゃん!今日は地中海料理じゃないよ!」
と言われ、
「あ~、自分の思い違いか。責められたよ・・。
と思ったことでしょう。
そして、「おまえって呼ぶな!っとも言われた。そんな悪気はなかったけど、
そこまで嫌だって言われると、なぜって思う。僕の家では普通だったのに。」

もしかしたらそんな気持ちも感じていたかも・・です。

このような男性は、自身が親からコントロールされてきて、それに応えないと
ならない環境にあったことが多い傾向にあります。
家族間ではコントロールが当たり前。
だから、親密感を感じる相手にはどうしてもコントロールしたくなる・・
そのような気持ちがあることは、カウンセリングの現場で感じます。

または、本人が自分に自信が持てない状況で、どうしても不安だから相手を
コントロールしてしまう・・・という状況が多いように思います。

いずれにしても、彼女の立場として、お前呼ばわりされたり、彼の気持ち一つで
翻弄されるのは辛いですよね。

ちなみに話をしていた女性は、とってもかわいらしい声で話してて、見た目も
チャーミング。どうしてこんな可愛い子が短い周期で別れちゃうの?っと
私も思ったくらいです。

はっきりとした”さよなら”の言葉もなく、女性側としては「不完全燃焼」
の気分で、後々引きずりやすい恋愛パターンの一つではないでしょうか?

先ほどのやりとり、特に大きな失敗はなさそうですが(普通のやりとりに感じ
ますよね?)禁止はこのような男性(上から目線的な男性)にはしないほうが
よいことが多いもの。ですので、
「お前呼ばわりされると悲しい気持ちになるの。
と、自分がどんな感情を持つのか、伝えるといいかと思います。

また、この方はいつも恋愛が長続きしないパターンを持っている女性の
ようですが、

自分の軸がぶれてしまっている場合、
または、自分の事を大事にできていないとき、

にこのような短い恋愛パターンを繰り返すことがあります。

とりあえず寂しいから告白されたし、付き合っちゃおう!
好きかどうかよくわからないけれど、とりあえず付き合っておこう。

こんな考えが意識下、または無意識にもあったり、

こちらは潜在意識下に多いのですが、

自分の事は嫌い。
自分に自信が持てない。
自分はどうせ幸せになんかなれない。

このような考えを持っていると、自分の事を大切にしてもらえない恋愛を引き
寄せることが多くなったりします。
(私は一時期、このパターンを持ってました)

自分の事を好きになる。
自分は絶対幸せになるべき存在だ。

そのように意識を変えていくと、自分らしくいられる恋愛が出来るようになります。
(私は自分に自信を持つ!と考えを変えて、自分らしくいられる恋愛を手に入れ
ました。今の夫との恋愛がそうです

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。
良い一日になりますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる