感情と上手に付き合うために

なんだかよくわからないけれど、心が沈んだ感じがする。
どこか心が重い感じがする。
気持ちがなんだか晴れない。
パートナーと上手くいかなくて、いつも不安な感じがして、仕事が手につかない。

このような気持ちを感じること、誰もが一度や二度、いや、もっとかもしれませんが、感じたことはありませんか?

よくカウンセリングの現場でもきかれるお声です。

怒ったり、悔しく思ったり、嫉妬したり、また嬉しく思ったり、楽しみに思ったり・・。
人には色々な感情を感じる力があります。

どんな感情にも良い悪いはなく、その場その場で「当然そう思いますよね」というものがほとんど。
ですので、どのような感情も押さえつけるのではなく、達観してみる視点の高さが必要になってきます。

例えば・・・
夫が浮気した。感情的には怒り、嫉妬が出てきます。
それは当たり前の感情。抑圧する必要はありません。
ですが、それをそのまま相手にぶつけると、「感情に飲み込まれた状況」になり、上手く事が運びにくくなります。

例えば・・・
彼に振られた。
悲しい、嫉妬も感じる、怒りも感じる。
この感情はごもっともな感情です。
もう生きていくのも嫌になった。仕事も手につかない。

これは感情に飲み込まれてしまっている状況です。
この「生活していくのに支障が出てしまうこと」が問題であり、感情そのものは問題ではないのです。

不安や緊張といった「負の感情」は周りの危険、ストレスをキャッチし伝達しています。また危険回避の為にとても必要な感情でもあります。
これを無視せず、言葉によって「何となく不安」を「このような要素が不安なんだ」と意識化することで、心は対処していくことが出来るようになります。
不安要素が何か?と言うことが意識化出来ると、その重荷を意図的に降ろすことも可能になってきます。

そのなんだか分からないけれど、「心の中にうごめくもやもやとした不安感」を意識化していくことがカウンセリングであると言えます。

意識化すると何故この感情を感じているのか、達観視でき、感情に飲み込まれない状況を作れます。
また、抑圧せず意識化することで、「その感情を受け入れる」事が出来るので、その感情を手放して行くことが可能になります。

カウンセリングはそのお手伝いをする作業なのです。

私は子供のころ、貧乏な状況でした。
これは過去のブログ、貧乏だったけれど愛があった時代に詳しく書かれていますが、この状況でも私は幸せでした。
それは親に愛されていた満足感(と言う感情)があったせいだと思います。

人が幸せを感じるのは、環境ではなく感情です。

心の視点を上げて、どう感情を客観視するか・・・
そのことがきっと感情と上手に付き合うことに繋がると思います。

今日もブログを読んでくださりありがとうございます。
良い一日になりますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる