お願い上手

昨夜は私の住むエリアはかなりの大雨が降りました。

夜パソコンを打っていると、携帯に夫からメールが。
「今電車に乗っているんだけれど、そっちも雨が降ってる?僕傘忘れちゃった。」
「駅まで傘持っていこうか?」
「お~~、すごい助かる!ありがとー

今朝は長男が出かける間際に、
「ほにょ(甘えるときに出る言葉です)、ママ、水泳の授業が今日あるんだ。水泳用のバッグとバスタオル、ゴーグル出しといて」
というセリフを小さな子が甘えるような声で(つまり異常に高い声で)台所に言いに来ました。
「なんで、昨日のうちに言わなかったの~!」
と大慌てで探して準備をし、
「ほれ、持って行きなっ!」
と手渡すと、「サンキュッ」を笑顔を向けました。
長男の学校は室内プールの為、この時期でも水泳の授業があります。

この2人、上から目線でお願いごとをしてきません。
長男は私よりも背が高く、少年と言うよりは青年の歳恰好なのですが、
何かお願いごとをする時は決まって「ほにょっ!」と甘えた声を出します。
夫は今の助けが必要な状況を話して、聞き手側が「そりゃ、大変だ。」と思うようにさせるようです。

このように頼まれると、お願いされる方も、
「ったくしょうがないわねぇ。」
位のリアクションで、ほとんど負担に感じることはありません。

私は「相手が負担に思うのではないだろうか?」
という気持ちが先に立ち、なかなか人にお願いが出来ず、自分で何とかしようとしてしまい、
結果くたくたに疲れたり、
自分ばっかり大変!と爆発してしまったりと、結果的に良くないことになりがちです。

私もお願い上手を目指したい今日この頃です。

                        

10月前半の待機スケジュールを出しております。
皆さまからのご予約、お待ちしておりますね。

カウンセリング予約センター
06-6190-5613 12:00~20:30(10月1日(月)8日(月祝)9日(火)15日(月)22日(月)29日(月)は
予約センターのお休み日です)

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。
良い一日でありますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる