つい相手を試す質問をしてしまう【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

「もう私達はおしまいなのかな?」
「もう別れるしかないのかな?」

このような問いかけ、パートナーにしてしまったことはありませんか?

ここで、訊く側には
「そんなことはないよ~。僕は(私は)大好きなんだからさ☆」
という肯定的な反応を期待していることが潜在的にあります。
つまり、今ある「不安感」を払拭したいために、この
否定的肯定法
と呼ばれる問いかけをしてしまいます。

今回アメーバーブログ、「恋と仕事の心理学」のテーマ”もっとラブラブに”にアップした記事、つい相手を試す質問をしてしまうこちらでもご紹介いたします。

恋と仕事の心理学

皆さんは「振られた」という経験はありますか?

思い切って告白したけれどだめだった。
ある程度の期間お付き合いしたけれど、彼(女)の心が変わってしまい、振られた・・。

あの経験はたまらなく嫌なものです。
もっと言うならば、あの時の感情をもう感じたくはない・・と思うもの

人の心理として、「もうあの感情は何としても避けたい!」と思うことは当然の流れです。
自分を否定される出来ごとは、まっぴらごめん
そう思いますよね。

私が初めて男性と付き合った時、その相手はとてもモテルタイプの彼でした。
最初は相手からの告白されてのお付き合いでしたが、だんだんと雲行きが怪しくなり、

「彼はもう私の事が好きじゃなくなっちゃったの

と、もう不安で不安で押しつぶされそうな気持ちになりました。

そして私は彼に言ってしました。
「もう私たちってお終いなのかな?」
「ダメになっちゃうのかな?」

この問いかけ、”否定的肯定法”と呼ばれているものです。

否定的な問いかけをして、その問いかけに肯定的な答えを期待している気持ちが
訊く側には潜在的にあります

最初は「そんなことないよ。僕は君の事が大好きだから。」
と言ってくれ、その言葉を聞いて私は安心する・・・ということを不安な気持ち
を感じるたび、繰り返してきました。

そしてとうとう、
「そういう、人の気持ちを試すようなこと訊かれるの、うんざりなんだ。
と言われ、振られてしまう結末をむかえました。

自分の本当の気持ちを伝えることと言うのは、とても勇気のいることです。
本当の気持ち、

私はあなたの事が好き。
けれども、あなたの態度を見ているととても不安な気持ちになる。
他の女性が好きになったのか、疑う気持ちが出てくる。
あなたと同じ部署の○○さんに本当は嫉妬心を感じている。
などなど・・・。

「あなたの事が好き」、と伝えて「僕はもう好きじゃないよ」
なんて直球くらったら、もうきっと立ち直れない。

「嫉妬心を感じてる」と伝えて、自分のほうが好きだなんてバレテしまったら、
なんかだ惚れた弱みに付け込まれるか、
または、相手が上から目線的になって、自分が負けた感がする。

だから、それとなく、遠回し的に相手の本心を知る方法はないものか?
そして、相手からの「あなたの事は好きだよ」という確証を得て、安心したい。

人はそんな気持ちからこの、「相手の気持ちを試す質問」をしてしまうのでしょうね。

学習能力がないのか、私は毎度この手の質問をしてしまい、
5人の男性に振られ続けてきました。
いやはや、情けない話です。

しかし、この手の質問から脱却する出来事が起こりました。

それは、いわゆる”デッドゾーン”にはまってしまった過去の私たち夫婦での
話なのですが、私はあるきっかけで

「もうこの夫婦関係を終わりにしよう」

と思ったことがありました。

本当にまだまだ夫の事が好きだったのですが、好きだからこそ、一緒にいることに苦しさを感じていました。
大好きだからこそ、夫の過去の出来事がどうしても許せず、私の中で限界にきていました。

昔の私だったら、もしかしたら
「もう昔のようには戻れないのかな?」
とか、
「もうあなたは昔のようには私の事、大切にしてくれないんだね?」
などの質問をしてしまっていたことでしょう。

けれども、当時はもう、
「別れる」と私の中でコミットメント(腹をくくること)をしていました。

なので、とても冷静に

あなたが過去このような振る舞いをして、私はこんな風に感じたということ。
そして大きなショックを受けたこと。
当時は本当はこうしてほしいと思っていたこと。
そして、一緒にいると好きな分、とても苦しく感じる、ということ。

だから私たち、別れましょう。

そのような内容をメールで送りました。

当時は長男の受験と重なり、夫は赴任地、私と子供達は日本にいました。

物理的な距離もあったせいか、顔を合わせることなく、彼もじっくりとそのメールに向き合ってくれたようです。

そしてメールの返信が返ってきました。

「君のウソ偽りのない、本心がそのまま書いてあった。これだけの本心を聞いたのは
結婚生活16年で初めての事だったと思う。ありがとう。そして感動した。」

と書かれていました。

100%の自己開示はとてもとても怖いことです。
自分の心の柔らかい部分までさらけ出すので、否定的な事を言われたら、
もう立ち直れないくらいのダメージを負うだろう・・・
そう思うからだと思います。

人としての当然の自己防衛本能です。

誰もがその自己防衛本能を知っているからこそ、
全部を明け渡された時、捨て身の態度に出られたとき、
人は本気で対応してくれるのかもな・・・と思いました。

「ごめん、あなたの反応はどうであれ、心底私は惚れちゃったよ。」

こんな風に言える関係だと、相手の心も動かせるかもしれません。

本当に勇気のいることですよね。
とてもとてもわかります。

でも、もしも膠着(こうちゃく)した関係を進展させたいときには有効な方法の一つ
かもしれませんよ。

どうか皆さんのパートナーシップがうまくいきますように。

今日もブログを読んでくださりありがとうございます。
良い一日になりますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる