日々忙しい!と感じる皆さんへ

現代人、こと日本人はとても忙しい世界に生きていると思いませんか?

私は長いこと欧州に住んでいましたが、欧州の時の流れは日本とは全く違います。
1分と狂わない電車のダイヤ、夜遅くまで働く人々。日曜も営業するスーパーや小売店。
日本はとても便利な国なのですが、時間の流れがとても速く感じ、イギリスから帰国したばかりの時、
朝のラッシュ時の駅周辺の人の歩く速さがあまりに速く、私は人の波に乗れない状況でした。

欧州では銀行、郵便局にはちゃんと昼休みが2時間ほど存在し、人々はのんびりと昼さがりを過ごします。
週末もお店が開店していないので、のんびりと公園の芝生に寝そべって本を日がな一日読んでいたりします。
電車も運行ダイヤ自体存在しないので、来た電車に乗る・・・そんな感覚です。

こんなに日本は時間の流れが速い国であるのに、スケジュール帳は予定でいっぱいという人達がいますね。
このような人達の特徴は、「空いた時間は何かしていないともったいない気がする。」と言う感覚を持っていること。
少しでも空いた時間があると、何か予定を入れていってしまうのです。
2時までは△△の予定があって、3時からはXXの予定がある。じゃあこの隙間の1時間で日頃溜まっていた
報告書を書いてしまおう・・・。
予定がいっぱいいっぱいなのに、なにか頼まれると断れず、無理やり時間を作りだして、新たな予定を入れていく・・・ということもあります。

充実していて毎日がハッピー♪と感じていれば何の問題もないのですが、もし、
「もう時間に常に追いかけられている気がして、心が休まらない!」と思うのであれば、もう限界が近いのかもしれません。

このような方々は時間がないというよりは、心に余裕がない、ということが多々あります。
心に余裕がないから、常にいっぱいいっぱい感があります。

このような方は「休むこと=サボること」と考えてしまい、休むことが悪いことに思ってしまうようです。
でも本当にそうでしょうか?
人は緩むことが時に必要です。ずっと緊張状態では物事がうまく進みませんよね。
高くジャンプ(飛躍)するためには、時にしゃがむという緩和のような動作をして、初めて脚を思いっきり伸ばすこと(緊張)によって人は大きく高くジャンプできます

こんな事を書いている私が、実はこのパターンを持っています。
いつもいつも時間に追われてる感を感じて「ひえ~~」と思っているのに、空いた時間が出来ると、
「今こそ何かせねば・・」と折角空いてる貴重な時間を、さらに予定でギチギチに詰め込んで、
自分で詰め込んでおきながら「ひえ~~」と泣いている状況。
まさしく自分で自分の首を絞めている状況です。

ここ最近、この「時間に常に追われてて苦しい!」とおっしゃる方からご相談がありました。
その方に「休むことに罪悪感をお持ちなんですね~。」
「もし本当に休んだら、その時のあなたはどんな感情を感じるでしょうか?」
などとカウンセリングをしていて、まるで自分に問いかけているような気もちにもなりました。

そこで出た結論は「休み」という予定を組んでしまいましょう。まずは半日から。
例えば7月20日9時から12時「休み」と予定を書き込んでください。
そのようなことを私は言いました。
そして、私は実際やってみました。言ったからにはまず自分から実行です。

休みの時間に突入してから感じたことは・・・・
解放感でした。ギチギチに詰まった予定表からの解放。
ほんの3時間だけなのに、命の洗濯が出来たなぁ・・・
そんな感覚で、午後のまたギチギチの予定を楽な気持ちでこなしていくことが出来ました。

時間がないのではなく、心に余裕がないのだな・・・
心から実感しました。

今日もブログを読んでくださり感謝です!
皆さんにとって良い一日となりますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる