”これ、面白そう!”に近づこう!

私は小学生の頃、NASAで働きたいと思っていました。理由はUFOにとても興味があったからです。
当時「木曜スペシャル」という番組があり、しょっちゅうUFO特集の番組が放送されていました。
地球以外に知的生物がいる!
それもUFOという、瞬間移動が可能な乗り物に乗って宇宙人がやってくる!
どんな人達(宇宙人達?)なんだろう?
それがきっかけで宇宙にとても興味を持ち、アメリカの天文学者カールセーガン博士の番組「COSMOS」(1980年作成)も何度も見ました。
心はロケットに乗って宇宙を漂っているような気持ち。

ところが大人になった今では、
NASAと共同研究しているアメリカの大学院で博士号を取得しないといけないなぁ・・・
英語力もかなり高度なレベルは必須だし
そもそも苦手な物理学も数学も極めなきゃいけないし・・・
などなど「どうせ無理だよ」と、興味に向かわせてくれるパワーにブレーキをかけることばかりが頭に浮かびます。

息子がまだ幼児だった頃、道を一緒に歩くと50M歩くのに何十分もかかったりしました。
小さな小石を見つけてはきれいだなぁ~と拾ってマジマジと見たり、
小さな虫が歩いていれば、どこに行くのかじぃっと見ていたり・・・
落ち葉がきれいだと集めたり。
とにかく目に入るもの、全てに興味を持ち「面白いなぁ、楽しそう・・・」とキラキラした目で息子は世界を見て
たようでした。
子供のころは世の中、面白そうなもの、楽しそうなものでいっぱいでした。
そんな気持ちも大人になると、すっかり薄れてしまったり、忘れてしまったりしてしまいます。

もう一度、「これ、面白そう!楽しそう!」という心の声に素直に耳を傾けてみたら、また毎日が変わって
見えるかもしれませんね。
ワクワク感満載の子供心を自身の心の中にもう一度掘り起こしてあげたら・・・・どうなるでしょう?

そんな講座が明日、東京の恵比寿で開かれます。
みずがきひろみカウンセラー主催の講座、『子供ごころに火をつけよう~クリエイティブに生きるコツ~』
に私もアシスタントとして参加してまいります。
(お陰さまで前回に引き続き、満席となっております。)

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。
皆さまにとって良い一日になりますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる