母親の気持ち(幼児期編)

「ママ!ごめんなさい!本当にごめんなさい!」
先日近所のドラッグストアで買い物をしていると、突然店内に男の子の声が響き渡りました。
何事だろう?と私は声が聞こえてきた方に行ってみると、4歳位の男の子が一生懸命ベビーカーを押していました。ベビーカーには小さな赤ちゃん。そのわきにお母さんとまだ1、2歳くらいの小さな男の子がお母さんと手をつないだ状態で立っていました。

「ちゃんと前を見てって何度言ったらわかるの?ベビーカーが棚にぶつかるでしょ?ねぇ、なんでわからないの!?」
お母さんはイライラして大声で4歳位の男の子に怒っていました。
ベビーカーをまっすぐ押すには、背の小さな男の子には至難の業。きっと右に左にと前車輪が動いてしまい、ベビーカーがあっちにぶつかりこっちにぶつかり・・・だったのでしょう。

こんな4歳児に怒って、大人げないお母さんだなー。
お店で大声で怒鳴るって、大人としてどうよ?
そんな風に思うでしょうか?

うんうん、わかるわかる。
育児って本当に戦争だもんね・・。毎日いっぱいいっぱいだもんね。イライラもするわさ・・・。
そんな風に思うでしょうか?

人はそれぞれの立ち位置、経験によって物事を見ていきます。
どちらの見方が正解と言うわけではないのですね。どちらもアリなんです。

カウンセラーをしていると、どんな感情を感じたからこの行動をとったのか?という目線で人の行動を見ていきます。その行動をおこすには、それなりの感情が伴っているからだ・・・と考えるからです。

4歳を筆頭に2歳、0歳の3人の子育てをしていたら、それはもうめまぐるしい日々のことでしょう。
0歳児はまだおっぱいで夜中に3時間おきに起きるでしょうし、2歳の子は自我が芽生え、ダメだ!と親が思うことをなんでも片っ端からやってくれちゃう年頃。コップに入れた牛乳を見事に倒してくれたり、赤信号でも平気で突き進んで行ったり、トイレトレーニングでも失敗ばかりかもしれません。
そんな大変な状況で、猫の手も借りたいほど・・・。こうなると4歳児の長男君に大きく頼ってしまうのもうなずけます。

私が買い物を終えた後、道を歩いていると前を先の親子がゆっくりと歩いていました。
相変わらず長男君が一生懸命ベビーカーを押し、お母さんはまだ小言を言っていました。
「いい?ちゃんと人の話を聞きなさい。前をみて歩きなさいと言ったら、前を見るの!」
「はい、わかりました。」「はい・・・」「はい・・・」
なんども「はい」と一生懸命答えていた4歳の坊や。きっと毎日お母さんにあれこれ言われているのでしょう。
そして彼は一生懸命、お母さんの助けになるようがんばっているのです。
今日も明日も明後日も。

お母さんも毎日毎日くたくたになるほど頑張っているんだと思います。
洗濯、掃除、買い物、食事の支度、子供をお風呂に入れたり、などなど・・・・。
自分の時間もゆっくりと取れていないのでしょう。だからイライラがどんどん募って、それが子供にあたってしまう・・という状況を作ってしまっているのかもしれません。
みんな頑張っているんですよね。お電話を下さるママのクライアントさんも、皆さんとても頑張り屋さんです。

子供はDNAにすでにプログラムされているのか、お母さんの助けになりたい!と思うようです。
お母さんの笑顔が見たいな・・・そんな気持ちを持っています。
一方、お母さんも子供の笑顔が大好き。そして安らかに眠る我が子の寝顔はたまらなく大好きだったりします。
この子の為に良いお母さんでいたい・・
そんな気持ちから育児に一生懸命になり、しんどくなってイライラする・・・。うまくいきませんよね・・。

4,5歳位になるとだんだんお母さんの状況が何となくわかってきたりします。
「ごめん、今お母さん疲れてイライラしちゃっているんだ。さっきは怒ってごめんね。」
「△△くんのお陰で、ママは助かっているんだ。本当にありがとうね。」
子供にちょっと気持ちを話して、大変さを1人で背負わないでいられたらちょっと楽になるかもしれません。
子供達も理由がわからず、イライラしてるお母さんを見るのは不安だったりします。
もし、まだ子供たちが小さな年齢で理解が得られないとしたら、どうか「実は大変なんです。育児が辛く感じています。」とお話出来る場所を作れたら、だいぶ気持ちが楽になるかもしれませんね。
育児が大変!子供の事かわいく思えない!もう全部投げ出したい!
そう思う自分を否定しないでくださいね。私もよく思ったものです。

子育て中の女性で、
「虐待は絶対いけない事だと頭ではわかっていますが、虐待する親の気持ち、なんかわかるような気がします。
追いつめられること、やっぱりありますから。」
とおっしゃる方は少なくはありません。

でも、その4歳の男の子が一生懸命ベビーカーを押していた健気な表情を私は今でも覚えていますが、その男の子のような子供の一生懸命な気持ちをお母さん達は気がついて、そして大事にしてあげて欲しいなぁと思います。

そのためにもどうかほんの少し、心に余裕が出来るといいですね。
それは自分の為に時間を作ることかもしれませんし、誰かに心のうちを話すことかもしれません。
私の場合は、日本から遠く離れた場所でしたので、日本から送られてきたテレビ番組のビデオを見る時間が自分のオアシスタイムでした。
後は夜、皆が寝静まってからちびりちびりとお酒を飲んで、ほろ酔い気分でいる時間がたまらなく幸せでしたねー。

世のお母さん達は沢山沢山頑張っています。
そんなお母さん達を私はカウンセリングを通して応援し続けていきたいと思っております。
もちろん私も現役ママですから、私も皆さんと一緒に今日も頑張りますよ

今日もブログを読んでくださり本当にありがとうございます。
良い週末をお過ごしくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる